2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

小野不由美氏・著の小説十二国記』に登場する戴極国国王のこと。
またはその人物をさす。作品に登場したのは先王・驍王と現王である乍 驍宗

驍王の治政は124年。文治に特化した王である一方、比較的将兵を冷遇した王として知られる。
慣例・動議・秩序を重んじる堅実な王であったが、派手な式を好み奢侈を好む悪癖があり、金銀をあしらった華美な甲冑を範西国に発注、範王・呉藍滌には「悪趣味」を嫌われていた。

現王は乍驍宗。もとは驍王に仕える禁軍左将軍であり、覇気にあふれた武人でもあった。
驍宗のもと、新しく朝廷に入ったのは先王が用いた文治的な人材とちがい、彼の部下であった武人や旧知の官吏であり武断的な人材が主流となっていた。
範王・呉藍滌は登極間もない武骨な泰王と黒麒・泰麒のありように好意を持っていたが、

新しく禁軍左将軍に任じられた阿選の謀反にあい、行方不明となっている。

関連タグ

十二国記 戴極国 戴国  

関連記事

親記事

戴国 たいこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「泰王」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「泰王」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98575

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました