ピクシブ百科事典

目次[非表示]

小野不由美の小説『十二国記』の登場人物。

概要


戴国禁軍中将軍として泰王驍宗に仕えている(『黄昏の岸 暁の天』時点)。
先王驕王の下では、禁軍左将軍だった驍宗の師帥を務めていた。
驍宗が登極して半年の後、驍宗に対する大逆が起こり現在行方が分からない。

他者からの評価


巌趙“(驍宗に反意があると巌趙・李斎阿選の名前が挙がったことに対して)どうせ疑うなら英章を疑ったほうがいいのじゃないか。俺は常々、なんだって英章の奴が驍宗様の寝首を掻く気にならんのか不思議だ”

臥信“なんだって正頼と馬が合うのか”

正頼“英章は肚の底まで真っ黒だから、白か黒か悩まなくていいので楽”

李斎“臥信は奇計奇術の将だ。行動を読みにくく、油断がならない。それは英章も同様だったが、英章の陰に対し、臥信の詐術には奇妙な明朗さがあった。”


関連するできごと


轍囲の乱


驍宗が左軍将軍だった時代の轍囲の乱に、師帥として驍宗に同行している。

文州内乱


文州で内乱が起こり、初めに禁軍中軍を率い中将軍の英章が、後に瑞州師左軍を率い左将軍の霜元が文州に出立。誼ある轍囲に乱が及びそうになったために驍宗も霜元と共に白圭宮を出た。

その後


『黄昏の岸 暁の天』で李斎は「当時文州にいた英章と臥信はそのまま姿を消した」としている。



関連タグ

十二国記 戴国 驍宗 泰麒 李斎

関連記事

親記事

戴国 たいこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「英章」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 296324

コメント