ピクシブ百科事典

目次[非表示]

小野不由美の小説『十二国記』の登場人物。

概要


戴国瑞州師左将軍として泰王驍宗に仕えている(『黄昏の岸 暁の天』時点)。
先王驕王の下では、禁軍左将軍だった驍宗の師帥を務めていた。
驍宗が登極して半年の後、驍宗に対する大逆が起こり現在行方が分からない。

他者からの評価


泰麒曰く“上背のある偉丈夫で、どことなく品格のある落ち着いた物腰をしていた。泰麒は霜元に会うたび、故郷で読んだ物語に出てくる「騎士」という言葉を思い出すのだった。”

李斎曰く“堅実で真っ当な戦をする巌趙、霜元”

作中での行動


驍宗が左軍将軍だった時代の轍囲の乱に、師帥として驍宗に同行している。
驍宗登極後は瑞州師左軍将軍になり、泰麒が驍宗の名代として漣に旅する際も従者として同行した。

文州で内乱が起こった際は、初めに禁軍中軍を率い中将軍の英章が、後に瑞州師左軍を率い左将軍の霜元が文州に出立。誼ある轍囲に乱が及びそうになったために驍宗も霜元と共に白圭宮を出た。

その後、泰麒による鳴蝕によって混乱する白圭宮に「驍宗の姿が消えた」と青鳥をもたらした。
書状によると、霜元らが「お捜し申し上げたが、見つからなかった」という。
芭墨より「霜元だけでも一旦戻るよう」指示されたが、文州にとどまったという。なお、阿選の謀反に気付いた李斎が彼に向けて青鳥を飛ばしている。

その後の消息は不明だった。(『黄昏の岸 暁の天』時点)



関連タグ


十二国記 戴国 驍宗 泰麒 李斎

関連記事

親記事

戴国 たいこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「霜元」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「霜元」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185092

コメント