2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

小野不由美の小説『十二国記』の登場人物。

概要


戴国瑞州師左将軍として泰王驍宗に仕えている(『黄昏の岸 暁の天』時点)。
先王驕王の下では、禁軍左将軍だった驍宗の師帥を務めていた。
驍宗が登極して半年の後、驍宗に対する大逆が起こり現在行方が分からない。

他者からの評価


泰麒曰く“上背のある偉丈夫で、どことなく品格のある落ち着いた物腰をしていた。泰麒は霜元に会うたび、故郷で読んだ物語に出てくる「騎士」という言葉を思い出すのだった。”

李斎曰く“堅実で真っ当な戦をする巌趙、霜元”

作中での行動


驍宗が左軍将軍だった時代の轍囲の乱に、師帥として驍宗に同行している。
驍宗登極後は瑞州師左軍将軍になり、泰麒が驍宗の名代として漣に旅する際も従者として同行した。

文州で内乱が起こった際は、初めに禁軍中軍を率い中将軍の英章が、後に瑞州師左軍を率い左将軍の霜元が文州に出立。誼ある轍囲に乱が及びそうになったために驍宗も霜元と共に白圭宮を出た。

その後、泰麒による鳴蝕によって混乱する白圭宮に「驍宗の姿が消えた」と青鳥をもたらした。
書状によると、霜元らが「お捜し申し上げたが、見つからなかった」という。
芭墨より「霜元だけでも一旦戻るよう」指示されたが、文州にとどまったという。なお、阿選の謀反に気付いた李斎が彼に向けて青鳥を飛ばしている。

その後の消息は不明だった。(『黄昏の岸_暁の天』時点)

以下、「白銀の墟_玄の月」のネタバレを含みます。





驍宗失踪後、文州に留まっていたが、承州で起きた乱を鎮圧するために癸魯らと共に向かう。その道中で李斎謀反の報がもたらされ、そのまま承州に居る李斎の討伐に加わるよう命を受けるが、その頃には真に謀反を起こしたのは阿選であることが誰の目にも明らかになっていたため、承州にて軍を解散。(ちなみに李斎が霜元に向けて飛ばした“阿選謀反”を知らせる青鳥は文州に残っていた英章が受け取った)
承州各地を転々としていたところ、李斎麾下の泓宏の機転のおかげで、檀法寺へと匿われ、のちに、同じく高卓戒壇に保護されていた崖刮に寺を通じて連絡が行き再会を果たし、驍宗失踪から一年後、地の利を見込んで高卓へと移動。本人は当時の様子を“……高卓付近に流れ着いたときは四人だった、たった四人で馬が二頭”と述懐した。
その高卓で偶然、李斎一行と再会を果たした時は、驍宗失踪から実に七年もの歳月が経過していた。


関連タグ


十二国記 戴国 驍宗 泰麒 李斎

関連記事

親記事

戴国 たいこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215902

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました