ピクシブ百科事典

髪の毛座の盟

こーまのめい

髪の毛座の盟とは小説『聖闘士星矢 ギガントマキア』に登場するキャラクター。 髪の毛座(コーマ)を守護星座に持つ聖闘士。
目次[非表示]

概要

聖闘士星矢』のスピンオフ小説『聖闘士星矢 ギガントマキア』に登場するキャラクター。

髪の毛座の聖闘士


星矢達と同様に、聖闘士の修行のためにシチリアへ派遣され、蟹座のデスマスクの師事を受けた。15歳。
聖闘士修行の最終試練にて邪神テュポンの<意志>にふれ、洗脳された状態となっていたが、その洗脳が解けた際に聖衣が出現し、『髪の毛座(コーマ)の聖闘士』となる。

一見チャラ男にみえるが、根はしっかりとしているて、行動も抜け目ないなど、頼りになる性格。

実はグラード財団総帥・城戸光政の嫡男であり、本名は『城戸盟』である。本来ならば沙織ではなく盟がグラード財団を継ぐはずだったが、集められた孤児が血の繋がった兄弟であると知り、自分だけが特別扱いされて暮らしていくことに耐えられず、城戸の姓を捨てて星矢達と同じ境遇に身を投じた。そのため、沙織は彼が光政の本来の跡取りだったことは知らされておらず、辰巳から聞かされてようやく知った。

デスマスクとの師弟仲は良好だったようで、彼の言葉を胸に秘めたり、彼の悪行を知っても尚師匠として慕っている。デスマスクを倒したのは自分だと告白した紫龍には「あの人はたとえアテナに反逆した邪な聖闘士であっても、オレの師だ。そして、お前は血を分けた弟だ。それは秤にかけるものではない」と話すなど、それはそれ、これはこれと割り切る潔さを見せていた。


必殺技:ロストチルドレン

オリハルコンの糸(斬糸(ざんし))によって相手を閉じ込め、切り刻む攻撃技。文章で読むとかなりえげつなく、アニメ化やコミック化されたら、かなりの凄惨な描写シーンになると思われる。


容姿

公式イラストのようなものは一切ない。
小説内の描写では、腕にタトゥーを入れており、黒い髪をシルバーに染めて後ろ髪を狼のように垂らしている、らしい。

髪の毛座の聖衣

髪の毛座の聖衣は、両肩に大盾のパーツがついた黒い聖衣であり、黄金・白銀・青銅のどの階級にも属さない基準外の聖衣である。
そしてその聖衣を纏う聖闘士は、『滞る時の監獄』によって邪神テュポンを封印するという星の運命を持つ。

なお、劇場版第三作目『聖闘士星矢 真紅の少年伝説』にもコロナの聖闘士の一人として髪の毛座の聖闘士『かみのけ座のベレニケ』が登場しており、彼の聖衣も黄金・白銀・青銅のどれにも属さない聖衣であるとされているが、これは太陽神アベルから与えられた聖衣という設定になっており、ギガントマキアの設定とは大きく異なる。

また、小説内での聖衣の形状描写とも大きく異なっている。


関連タグ

聖闘士星矢 ギガントマキア
青銅一軍 青銅二軍 斗樹 …異母兄弟達。

関連記事

親記事

ギガントマキア ぎがんとまきあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「髪の毛座の盟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59190

コメント