ピクシブ百科事典

魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜

まほうしょうじょきこうぷりずまこーず

「魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜」とは、『Fate/Grand Order』内の期間限定イベント。
目次[非表示]

概要

開催期間:2016/9/8(木)~9/21(水)
場所:廃棄少女幻想 エンド・サクリファイス

アニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!』とのコラボイベント。
ゲーム中では「魔法少女紀行 〜プリズマ☆コーズ〜」という表記だが、公式サイトやゲーム系メディアでは☆の部分が「・」で表記されている。
BGMもアニメ『プリズマ☆イリヤ』シリーズのものが多く使われている。

主人公イリヤスフィール☆5キャスターサーヴァントとして期間限定ガチャに登場する。
今回の☆4配布サーヴァントはアーチャー:クロエ・フォン・アインツベルン

仕様

MAP内を探索し、ミッションをクリアしながら異変解決を目指していく。ミッションクリアによって、ステージ解放や一部報酬の獲得が行われる。またクエスト内では「ライオン号くん」「マジカル☆ブシドームサシ」「高級プリン」がドロップし、レア素材との交換が可能。
マシュや、イリヤ、クロエを含むイベントに登場するメインの女性キャラをサーヴァントとして所有していた場合、このイベント内のクエストに出撃した時に限り与えるダメージが倍増する。

ストーリー

眠っていた主人公がマシュ・キリエライトに起こされると、そこは紫がかった青空が広がる見知らぬ土地だった。そこは魔法少女たちがそれぞれの国を構える世界だった。
その一人コナハト☆メイヴに狙われていた喋るステッキ、マジカルルビーと魔法少女イリヤと出会った主人公とマシュは、この世界の何処かに囚われたイリヤの親友:美遊・エーデルフェルトを救うため行動を共にすることになる。

魔法少女たち

無題


魔法少女ものに出てくる妖精を彷彿とさせる二頭身の愛らしいマスコット的存在。
それぞれの魔法少女たちに縁のある者たちが、その役割を担っている。

メイヴ


人呼んで「蜂蜜禁誓系(ハニーゲッシュ)系魔法少女(クイーン)」。『雪華とハチミツの国』を統べる。公式予告動画では得物の乗馬鞭から、ある部分が削られている。使い魔はクーちゃん。欲望に忠実なあまり先走ってしまうメイヴを無駄の無いアドバイスで抑える。なお、ボーナス特攻キャラにキャスターが多いため、彼女のクラスはライダーからアヴェンジャーへ変更されているが、スキルなどはそのまま。

星と詩の魔法少女ナーサリー☆ライム


『お菓子の国』の女王。お菓子でできた住民たちを彼女が遊びで壊してしまうため、この国では魔法少女が恐れられている。二頭身のマスコットはいないが、仲良しな黒ひつじさんがいる。

コラボCMメディアリリィちゃん+α


虹色のワイバーンが海上を飛び交う『大海原と竜の国』の女王。使い魔のイアソンくんはこの国の王であり、この国は誰もが彼を崇め表面上は平和に見えるが、その実態は少しでも犯罪を犯せば女王の手で豚に変えられる「海上独裁国家メディアサイコランド」である。

マハトマ✩エレナ


ゴーストタウンのような『死せる書架の国』の魔法少女。ここでは争いに敗れ死霊バンシーと成り果てた魔法少女が徘徊する。エレナは彼女たちと共に館に暮らし、墓守人としてここを守っている。館の書斎にぎっしりと収められた大量の魔導書も元魔法少女であり、『死せる書架の国』の名はここからきている。使い魔はエジソン君。エレナの嘗てのパートナーだが、言葉を発しなくなって久しい。

  • 偽魔法少女たち
黒い妖気を漂わせる女性サーヴァントめいた存在。カタカナひらがなが入り混じった口調で話し、言動はハイテンションエキセントリックなものへ変わっている。個体によっては『魔法剣士』や『魔法童女』等の独特の肩書を持っていることもある。その正体は、マジカルルビーのような漆黒の「魔法の杖(ステッキ)」が魔法少女をエミュレート(模倣)したモノ。

  • ファースト・レディ
ドーム状の黒い壁の内部に自身の国『星原と水晶の国』を構える魔法少女。
魔法少女たちが流れ着くこの異世界、それを固有結界として生み出した「最初の魔法少女」。
魔界で生まれ、人間界で育った者。Fateシリーズにおいて魔術と明確に区別される魔法使いの娘。人々のために正体を隠しつつ戦っていたが、それと引き換えに故郷を失い、人々からも魔界の同胞からも忘れ去られた。それでも「魔女」に堕ちることなく、少女たちの願いを叶え続けるために彼女は存在し続けている。

有力な魔法少女が国を築き、ファンシーなクリーチャーが住むこの世界は、夢破れ絶望に陥り、様々な平行世界から堕ちてきた魔法少女たちとその叶わない想いを受け止める「想念の廃棄場」「煉獄」「魔法少女たちの廃棄場」とも呼べる領域である。始祖たる彼女が魔法少女たちの想念を集約する焦点となり、半ば自動的に形成されたのがこの固有結界である。自身を核に世界を丸ごと再現する固有結界を生み出せるほどの存在だが、この世界を支え、作り続けるために自身は亡霊(エコー)の如き透明な存在となった。彼女はこの領域に流れ着いた魔法少女の亡霊に仮初の肉体と、国や建物を作る素材とするための魔力を与えていた。この世界内部においては神のような存在とも言えるが、ファースト・レディはこの箱庭の外に乗り出し、無限に広がる平行世界に存在する敵と危機と対決し、彼女たちの救いを求める不幸な人々を助けることを望む。

この世界に亡霊でない魔法少女たちが迷い込み、その一人クロエと出会ったことは彼女にとって好機だった。美遊を自身と同化することで彼女は、固有結界内の全ての亡霊を再び受肉させることができる。そして「魔法少女の軍団(プリズマ・コーズ)」を結成、魔法少女メイヴがカルデアとの間に構築したレイラインを通じて外の諸世界に乗り込もうとする。世界を救うために美遊を犠牲にする選択など受け入れられる筈もなく、主人公とイリヤたちは彼女とも対決することになる。

姿は概念礼装「プリズマ・コーズ」でのイリヤを黒塗りのシルエットにしたもの。最後まで彼女自身の本来の姿は明かされなかった。ストーリーにおいてはクロエに憑依した状態で襲い掛かってくる。

  • ミラー
ファースト・レディの親友で、元・魔法少女。世界に自身を差し出しながらも消耗していく友と、彼女に助けられながらもかえって笑顔を失い自分達の欲と不満でレディを振り回し苦しめる状況に嫌気が指し、このような世界に救われる価値は無い、と「世界の敵」となる事を選んだ。
そして、世界に絶望を振り撒いたために親友から討ち取られ、その後、亡霊としてファースト・レディの固有結界に流れ着いたがレディからは存在に気づかれずにいた。
本イベントではゴースト系エネミーの立ち絵の姿で登場。生前の姿は不明。

レディとミラーの物語の多くは明かされていないが、二人がルーン文字の存在する環境で日々を過ごしていたことから、二人が活動した「人間界」は全くの異世界ではないが、イリヤたちがいた世界ともFGOとも異なる平行世界と思われる。

プリズマ☆コーズまとめ


イベント第二部にて登場。レディなき後の魔法少女の世界に闖入した四人の紳士(おとこ)たちの哀しい夢が生み出した存在。

関連イラスト

魔法少女☆マシュ
マジカルサファイア


FGOプリヤコラボ記念!



関連動画



関連タグ

Fate/GrandOrder プリズマ☆イリヤ
Fate/GrandOrderのイベント一覧

ヘパイストス - 『大海原と竜の国』にてその存在が語られたサーヴァント。メディア・リリィ神の鋏を授けた人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 691992

コメント