ピクシブ百科事典

96式冷凍レーザータンク

きゅうじゅうろくしきれいとうれーざーたんく

ゴジラVSデストロイアに登場したメーサー車
目次[非表示]

データ

型式名:CLT-95 DAG-MB96
全長:(本体)10.5メートル、(牽引車)8.3メートル
重量:(本体)77トン、(牽引車)28トン
走行速度:時速55km
動力:空冷・水冷併用2サイクル2気筒ディーゼルエンジン
所属:陸上自衛隊


ゴジラVSデストロイア』に登場

概要

デストロイア用に投入された最新型メーサータンク。VSシリーズに登場したメーサー兵器では唯一の牽引式である。

デストロイアの弱点がマイナス196度以下の低温であることが判明したことでスーパーXⅢと同様の超低温レーザー砲と元々自衛隊内部で使用されていた汎用トレーラーを元に急遽開発された即席急造兵器(超低温レーザーの性能自体は出力の関係上スーパーXⅢの物に劣る)。超低温レーザー砲とは別に冷凍弾を装填したミサイルランチャーも装備している。形式名は開発仮コードであるCLT-95と、対ゴジラ兵器であることを示すDAG-MB96。

劇中ではお台場に出現したデストロイア幼体を多数倒すが、集合体に進化したデストロイアの前に部隊の大半が壊滅させられる。終盤ではバーニングゴジラ冷凍のために出撃し、逃げるデストロイアにスーパーXⅢと共に止めを刺した。

余談

本作に冷凍レーザー兵器が登場したのは、脚本を担当した大森一樹が阪神淡路大震災火災被害を目撃し、「こういうものがあればなぁ」と考えた為だという。

小説『プロジェクト・メカゴジラ』ではオマージュとして冷凍メーサー車が登場。
ゴジラ戦には役立たずだったものの、ハルカ・サカキ率いる少女戦車部隊がゴジラによって引き起こされた大火災を食い止めるために使用し、数十万人の避難民を救うというエピソードがある。

関連項目

メーサー車 ゴジラVSデストロイア

pixivに投稿された作品 pixivで「96式冷凍レーザータンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 396

コメント