ピクシブ百科事典

G・コザッキー

じゃいあんとこざっきー

遊戯王OCGに登場する悪魔族の効果モンスター(メイン画像左上のコマ参照)。「G」は「Giant」の略で、名前は「ジャイアント・コザッキー」と読む。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻2500/守2400
フィールド上に「コザッキー」が表側表示で存在していない場合、このカードを破壊する。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊された場合、
その時のコントローラーにこのカードの元々の攻撃力分のダメージを与える。

概要

下級モンスターとして異例の驚異的なステータスを誇る反面、非常に重いデメリットも抱えている悪魔族効果モンスター。頭部にはコックピットらしき窪みが存在し、頭部側面には型番か何かを示していると思われる「539」(おそらくはコザッキー語呂合わせ)の数字が刻まれているなど、外見はガッチガチの機械族だが、実際は純然たる悪魔族

リリース無しで通常召喚できるモンスターの中ではトップクラスの攻撃力を誇り、現状ではレベル4以下のモンスターの中では唯一、単独で闇のデッキ破壊ウイルスを発動できる存在。また、あまり注目されないものの守備力もかなり高く、ステータス的にはブラック・マジシャンなどの(遊戯王OCG初期の)最上級モンスターにも匹敵、場合によってはそれらでさえも凌駕してしまう。戦闘力だけを見れば文句なしに強力なモンスターと言えるだろう。
しかし、コザッキーがフィールド上に存在しなければ自壊してしまう。しかも(自壊した場合も含めて)破壊されると、その時点でのコントローラーに自身の攻撃力分のダメージを叩き込んでくる。とりあえず活用するならコザッキーと一緒に場に出し、コザッキーを守りながら戦えばいいわけだが、肝心のコザッキーは非常に貧弱なレベル1の通常モンスターであり、実際にやろうと思うと至難の業。
ちなみにコザッキーが必ずしも自分のフィールド上に存在する必要はない。コザッキーが相手のフィールド上にのみ存在している場合も自壊はしない。しかし、コザッキーが単独で使用されるケースなどせいぜいローレベルデッキくらいのものなので、基本この性質は忘れてしまって構わない。

採用する場合は上述した性質からコザッキーと共に・・・ではなく、他のカードと組み合わせて使用される例が多い。スキルドレインで効果を無効化して火力で押し通すか、相手に送りつけてから破壊することで効果による大ダメージを与えるか、あるいは前述したようなデッキ破壊ウイルスと組み合わせるのがメジャーなところか。いずれにせよクセの強い運用となる。

関連項目

悪魔族 コザッキー

関連記事

親記事

コザッキー こざっきー

pixivに投稿された作品 pixivで「G・コザッキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1193

コメント