ピクシブ百科事典

GIII

じーさーど

GIIIとは、ライトノベル『緋弾のアリア』の登場人物。

概要

かなめと同じ、アメリカ政府の機関ロスアラモス・エリートにより生み出された「人工天才(ジニオン)」。元アメリカのRランク武偵※。290という驚異的なIQ数値を誇り、非公式ながら幾つものオリンピック記録を塗り替えているらしい。性格はかなり短気かつ凶暴で、好戦的。

※小国の軍隊を1人で相手に出来るというSの上を行くランクで、世界中でも7人(日本には1人)しか居ない。名前の由来は、各国首脳や王族の専属に選出される程の存在であるため、「Royal」の頭文字から取られた。

キンジの父・遠山金叉の遺伝子を50%受け継いでおり、遺伝子上はキンジの腹違いの弟にあたる(もっとも、ジーサードの言によると生まれたのはキンジとはほぼ同時期だったらしく、本当に「弟」なのかは不明)。そのためHSSも使用可能で、彼の場合の「性的興奮」のトリガーは、自身が「美しい」と感じた芸術品・美術品。
彼もまた「GIII」という製品番号のみで呼ばれていたが、原作12巻でキンジの祖母・セツから「金三」という和名を付けられた(かなめと違い、ジーサード本人はあまり気に入っていない)。

服装においては派手派手しいものを好み、初登場となった原作8巻ではキンジ曰く「ピエロのような」派手な服装で現れ、12巻では暴走族の特攻服を「美しい」と称賛したり、15巻の大晦日には小林幸子の紅白の恒例の豪奢な衣装に感嘆の声を漏らしていた。

研究所に居た頃、詳細は不明だが唯一の理解者だった「サラ」という名の博士をジーサード自身が原因で起こったという訓練中の事故で亡くしてしまい、彼女を蘇らせるためにアリアの持つ「緋弾」の時間を跳躍する力を利用しようとかなめを連れて研究所を脱走。自身に差し向けられた追っ手を高いカリスマ性を以てして逆に部下に引き入れるという事を繰り返しながら、「人工天才が戦争の抑止力になる」と本気で信じていたサラの遺志を継ぐのもあってか、キンジの前に現れるまでは世界中の紛争地域を渡り歩き悪党狩りをしてきた。
言動や挙動こそ乱暴ではあるものの、11巻では自分が万一キンジに敗れた時に備えて部下達に予め大金を渡しておくなど、根はお人好しかつツンデレ気質。

原作11巻で緋弾を持つアリアを手中に収めるため、キンジに決闘を申し込む。互いに全力のHSSで激闘を繰り広げた末に敗北。最後はキンジを助ける形で海に落下し死んだかと思われていたが、後に生存が確認された。それ以降は呼び捨てにしていたキンジを「兄貴」と呼ぶようになった。
次巻の12巻で早い再登場を遂げ、キンジの実家にかなめと共にホームステイしていた。以降は慣れない「一般人」の生活に悩むキンジを心配して彼の後を尾けたり、キンジから正式に共闘の申し出をされた時やキンジが孫を負かして自分の仇を取ってくれた事を知った時は心底嬉しそうにしたりするなど、素直にはなれないもののキンジを強く慕う様になる。
更には自分が横に居る時にキンジが他の女性に現を抜かしている(?)と嫉妬する素振りを見せる事もあり、こちらはこちらで中々のブラコンぶりを発揮している。

前述のかつての刺客を引き入れて作り上げた「ジーサード・リーグ」という名のチームを率いていて、マンハッタンの高層ビル、通称「ジーサードビル」を本拠地としている。それからも分かる通り彼の持つ財力は計り知れず他にも億単位のスーパーカーやプライベート機を所有していたりと、アリアに劣らず随所でセレブぶりを見せ付けている。
その一方で、前述の悪党狩りに加え、潰れそうになった近所の小学校に金を貸したところ、彼の名前を冠する新校舎が再建されたりと一部のアメリカ市民には「ヒーロー」として知られており、本来は敵対関係にあるはずの警察・アメリカ軍人の中には親ジーサード派の人間も少なくは無い。

ビジュアルは先にスピンオフの『AA』の第54弾の扉絵で判明しており、原作では30巻で解禁となった。

H&K USP マッチモデルとファイティングナイフとFIM-92(スティンガー)を武器として所有しているが、実際は「銃なんてオモチャ」と思っているため、基本は徒手格闘で戦う。キンジと同じく、遠山家に伝わる奥義を使う(技名は独自で付けたもの)。

関連タグ

遠山キンジ  遠山かなめ  緋弾のアリア  デザイナーベビー

関連記事

親記事

緋弾のアリア ひだんのありあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GIII」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 724

コメント