ピクシブ百科事典

HINOMARU

ひのまる

HINOMARUは、日本のロックバンド・RADWIMPSの楽曲である。

概要

日本のロックバンドRADWIMPSの楽曲で、2018年6月6日にリリースされたシングル「カタルシスト」に収録されている。タイトルを読めば解るとおり、日本国旗でもある太陽を象徴した日の丸から取られたものである。
公式ツイッターによれば「新たな引き出しを発見した喜びと驚きと誇らしさ」が詰まった曲だとのこと。

本曲はリリースされてからその歌詞の内容が波紋を呼んでおり、母国日本への愛国心をテーマとして歌われていると思われる。

歌詞一部
「この身体に流れゆくは 気高き御国の御霊」
「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」
「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」
「受け継がれた歴史」
「気高きこの御国の御霊」

こうした歌詞の内容から、リリース後は世間で話題になり、賛否両論の意見が挙がっている。

ファンをはじめとした支持者からは「国歌にしてほしい」などと絶賛の声があがっており、ノートに歌詞を書き写して「はじめて書きたいと思って夢中になって書いてみた」とTwitterにツイートする人も出てきているという。

一方で批判的な側は「ゾッとしました」「またすごいもん出てきた」「(右派でもない人が)まっすぐな歌詞を書いたらこうなりましたという曲」との意見が出ている。

そうした中で歌詞を担当したメンバーの野田洋次郎氏は、自身のTwitterにおいて本曲の歌詞に込めた想いを、以下のように綴っている。

ボーカル:野田洋次郎 2018年6月8日のツイートより
「日本に生まれた人間として、いつか歌にしたいと思っていました。
世界の中で、日本は自分達の国のことを声を大にして歌ったりすることが少ない国に感じます。
歴史的、政治的な背景もあるのかもしれません。色んな人がいて、色んな考え方があります。誰の意思や考え方も排除したくありません。
僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことをちゃんと歌いたいと思いました。
自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしいと思っています。
まっすぐ皆さんに届きますように。」

ちなみに、少し前にも人気フォークデュオ・ゆずのニューアルバムに収録されている「ガイコクジンノトモダチ」も、「美しい日本」「国歌」「靖国の桜」といった愛国的と感じられる歌詞が歌われていることで話題となった。

人気YouTuberKAZUYA氏は、この出来事を自身の動画チャンネルで取り上げており、ニュースの詳細を解説したうえで、そんなに大騒ぎするほどのことではなく、過剰反応ではないかと語っている。

この騒ぎを扱った動画


関連タグ

RADWIMPS
日本 愛国

pixivに投稿された作品 pixivで「HINOMARU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93

コメント