ピクシブ百科事典

NiGHTS

ないつ

正式名称「ナイツ into Dreams...」1996年7月5日にセガ・エンタープライゼス(現:セガ)によってセガサターンで発売されたゲーム。もしくはキャラクター名。ステージを飛行しリングを続けてくぐり高得点を狙うフライングアクション。2007年12月13日には新作「NiGHTS~星降る夜の物語~(英題NiGHTS:Journey of Dreams)」がwiiにおいて発売された。
目次[非表示]

注意

カタカナ表記の『ナイツ(Knights)』の項は漫才コンビの説明になっています。

概要

NiGHTS(ないつ)とは、セガサターン用ソフトの一つである。
長い時を経てwiiで新作が発表された。

セガサターン版ナイツ『ナイツ into Dreams...』とwii版新作『NiGHTS~星降る夜の物語~』では以下の相違点がある。

  • ステージ編成が重層的に複雑になった
  • ビジター(人間キャラクター)の変更
  • 1stレベル・ナイトメアン(ナイツおよびリアラ)の衣装の変更
  • 得点計算方法の変更
特に得点計算方法については、アクロバット飛行の扱いが大きく変更されたことで、より気軽にアクロバット飛行を繰り出せるようになり、飛行中の爽快感がUPしたと言えるだろう。

ストーリー

『ナイツ into Dreams...』(初代)
楽しい夢の世界ナイトピアを消滅させ、夢の世界を悪夢の世界ナイトメアにしようとする「ワイズマン」が突如としてナイトピアに侵攻を開始し、彼の魔手によって人々の夢は悪夢に支配されつつあった。ワイズマンは自分の片腕としてファーストクラスのナイトメアンであるナイツリアラを作り出すが、ナイツはその自由奔放な性格ゆえにワイズマンの逆鱗に触れ、彼を快く思わないリアラの悪計にはまって夢の狭間「イデアパレス」に監禁されてしまう。 ひょんなことから悪夢の世界に迷い込んでしまった少女クラリスと少年エリオットに出会ったナイツは、自身を短時間だけイデアパレスから解放する鍵となる勇気のイデアを持つ2人に対し、ナイトメアンから奪われたイデアを奪い返してナイトピアを平和な世界にしようと持ちかける。
こうして、夢の中で出会った3人の果てしない冒険の旅が始まるのだった。
『クリスマスナイツ』(続編)
夢の世界の冒険を通じて真の勇気を取り戻したクラリスとエリオットは、今ではそれぞれの人生を明るく元気に歩んでいた。
冒険から半年の月日が流れ、クリスマスを迎えたある日のこと。何か物足りない気持ちを抱えながらツインシーズの街を歩いていた2人は、クリスマスツリーのように飾り付けられた街のシンボル、シーズタワーのてっぺんから星の飾りが消えてなくなっていることに気づく。
その日の夜に見た夢の中で懐かしのナイトピアに再びやってきた2人は、クリスマスムード一色に彩られたスプリングバレーの美しい風景に見とれていたが、突如現れたナイトメアンにイデアを奪われてしまう。自分たちに呼びかける懐かしい声にふと見上げると、巨大なクリスマスケーキの上でナイツが微笑みながら佇んでいた。ナイツの言うことには、シーズタワーの頂上に飾られるはずだった星をナイトメアンのギルウィングが奪い去ってしまったのだという。
こうして、ツリーの星を取り戻すため、クラリスとエリオットは再びナイツと共に空へと飛び立つのだった。
『NiGHTS~星降る夜の物語~』(シリーズの続編であるが明確なつながりはない)
原題は『NiGHTS~Journey of Dreams~』
人々が眠りにつくとみることができることがある「夢」。「夢」とは「ナイトディメンション」と呼ばれる我々の現実世界とは異なる異世界のことである。希望、勇気、純粋、知性、成長の5つの意識と光「イデア」を合わせて、この空間に夢の世界である「ナイトピア」を創造させている。
しかし「夢」は楽しいものばかりではない。光があれば、闇があるように楽しい「夢」があればまた「悪夢」も存在しており、それが悪夢の世界「ナイトメア」のことである。「ナイトメア」を創造したワイズマンは魔物たち(ナイトメアン)を生み出し、「ナイトピア」を侵攻していくのだった。ベルブリッジに住む2人の少年少女であるウィリアムとヘレンも「イデア」を奪われ、毎晩、悪夢にうなされていたのだった。
からっぽになってしまった夢の世界をさまよい歩くうちに2人はナイツと長老オウル出会う。2人はナイツとオウルから「ナイトピア」が「ナイトメア」によって消滅されようとしていることと、2人の中には今も勇気の「イデア」だけが残っていることを聞かされる。戸惑いながらも2人は自分たちの夢を取り戻すため、ナイトピアを救うことを決意するのだった。こうしてナイツと2人の少年少女たちによる「夢」と「勇気」の物語が始まるのだった・・・

キャラクターとしてのナイツ

CV Julissa Aguirre
(星降る夜の物語・読みはジュリッサ・アギーレ)
※初代の被ダメージ・デュアライズ解除時のボイス担当者は不明

生年・年齢不詳(アーチ―社のアメリカンコミックによると100年前から存在)
シリーズ通して明朗、※ナイトメアン特融のクレイジーさと束縛を嫌う自由奔放な性格。
ナイトピアを愛する夢の水先案内人。
ファーストレベルでありながら性格故にワイズマンからは怒りを買っているが、全編通して服従するような描写は一切見受けられない。
初代ではビジターのイデアを奪還する・ナイツの自由という、利害が一致したことでビジターと同行。二代目では夢の入り口にてオウルと会話しているビジターを発見し(この時はまだワイズマンに監禁されていない)、空を飛ぶことを持ちかけたことをきっかけに以降同行する。なおイベントシーンが入る二代目においては、ビジター達との友好的な描写が多い。
ナイトピア側である長老のオウルからは敵視されてはおらず、ナイツとビジターとのやりとりを見守る様子からしてある程度の信頼は存在する模様。
(ビジターへの説明を退屈な話と言われたり、会話最中に割り込まれたりと、からかわれてはいるが)
※ビジター達は物語の途中までナイツの素性を知らなかった。


PS2への移植

2006年に生誕10周年を機にセガ上海で初代のプレイステーション2への移植が計画されるが予想外のトラブルで困難を極めた。
原因としては「セガの本気」が主でセガサターン以上のスペックを誇るプレイステーション21ステージすらメモリーに入りきらないと言った事態が発生した。
他の要因として

  • セガサターン版ソースはあったものの元の絵のデータは全滅。クリスマス版に至っては行方不明
  • ムービーの高画質データが現存せず。もう一度レンダリングし直そうにもデータを集めるも元素材が不完全、一部の足りない部分は目コピーで作り直しが確定。
  • 移植作業開始4か月後にメインプログラマー4名中、3名が辞職願を同時に提出。危うくプロジェクトが破綻しかける
  • あるボスの挙動を検証するためにサターンの開発機材が必要に。レンタル倉庫から骨董品の如く一台が奇跡的に見つかる。
  • この時点でプログラマーたちから「今からだと2年たっても完成しない」と言われてしまう。翌月に解析はある程度に抑え、残りは目コピーと言う方法で何とか進める。
  • 前述の1ステージすらメモリーに収まらない原因が背景情報を升目に区切った座標の高さ情報だけで構成するという、恐ろしい圧縮方法を取っていたことが発覚。更にサターン開発機が寿命間近でしょっちゅう再起動、その上1台しかないためツインCPUの両方をデバッグできず、高度なプログラムはアルゴリズムが途中までしか追えないという事態に。
  • A-LIFE(人工知能)の仕様書とプログラムが一致していないことが判明。プログラムを確認しながら修正することに。
  • ナイツの挙動の調整。PS2のコントローラーの操作に最適化するように手直しする。
これらの要因と戦いながらも2008年にようやく移植が完了し、発売されることになった。

関連イラスト

NiGHTS 15th Anniv.
NiGHTS15周年


大好きなバイオリン
さあ、勇気を出して!


またきっといい夢を
…ズッタズタにしてやんよ


ゆらゆらたゆたう
Nights fan work04



関連動画

SS版OP


『NiGHTS~星降る夜の物語~』CM


Wii版『NiGHTS~星降る夜の物語~』OP


外部リンク

シリーズポータルサイト
SS版 公式サイト
PSN&XBL版 公式サイト
NiGHTS~星降る夜の物語~ 公式サイト
NiGHTS~星降る夜の物語~ 作品紹介

関連タグ

セガ Reala ナイツ(キャラクター)

  • 電撃文庫FIGHTINGCLIMAX(背景に本作のステージをイメージした背景がある。のちに、下記のセハガガ学園が背景として追加された際に下記と同じく電灯の周りをくるくる回っている)
  • Hi☆sCoool!セハガール(セハガガ学園内に色々なゲームの筐体などが置かれている中に、NiGHTSやファンタジーゾーンオパオパの人形が電灯の周りをくるくる回っていたり、その電灯の真下には、ソニックの人形もある。)

関連記事

親記事

ソニックチーム そにっくちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「NiGHTS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1147240

コメント