ピクシブ百科事典

Re:Monster

りもんすたー

Re:Monsterは、金斬児狐による日本のライトノベル、およびオンライン小説。イラストレーターはヤマーダが担当(WebタイトルはRe:Monster――刺殺から始まる怪物転生記――)。
目次[非表示]

概要

主人公は異世界の弱小種族ゴブリンの赤子に転生してしまった。 前世で持っていた特殊能力と知識を用いて、仲間と共に成り上がっていく。
メインストーリーは日記帳風で綴られており、ストーリー重視とのこと。2012年8月にアルファポリスより書籍化される。オンライン小説が原作であり、「小説家になろう」にて連載されていた。

現在はアルファポリスにて連載中。


注意事項
書籍版とWeb版の内容が矛盾した場合は書籍版を正しい情報として扱います。以下の情報は書籍版135日目まで、Web版250日目までを参照しています。

登場人物

傭兵団≪戦に備えよ(パラベラム)≫
アポ郎が組織した傭兵団。ゴブリンの集団から始まって、エルフや人間種、その他の種族も取り込みつつ勢力を伸ばしている。盗賊団を襲撃しての資金稼ぎ等を経て王都での雑貨屋開業、迷宮都市でのシェルパ派遣業務を行っている。

幹部

  • アポ朗(あぽろう)

本作の主人公であり、異世界のゴブリンへ転生した。食べた対象の能力を獲得する異能を持っている。異常な成長力を誇り、生後245日目で4回目の存在進化を果たした。傭兵団≪戦に備えよ≫団長である金剛夜叉鬼神(現神種)。特殊能力【迷宮略奪】により[フレムス炎竜山]を支配中。
様々な女性と関係を持っている。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】主要人物。
【終焉と根源の大神】の【加護】持ち。
真名【夜天童子】を獲得。
固有能力【百鬼夜行の頭領】、【逢魔時の鬼喰らい】を獲得。
※※※から獲得(特定条件種、特定条件行動、特定条件個体をクリアの為)
特殊能力【異教天罰】、【運命略奪】、【神話的主要人物・世界詩篇黒蝕鬼物語]】
   【迷宮略奪・鬼哭異界】、【世界の宿敵・飽く無き暴食】獲得。
ハルバード等の長物を好み、【終焉】系統魔術を扱う。
名前はゴブ朗→オガ朗→アポ郎と改めている。
種族はゴブリン→ホブゴブリン(亜種)→オーガ(希少種)→使徒鬼(絶滅種)→金剛夜叉鬼神(現神種)と進化。

  • ミノ吉(みのきち)
アポ朗の一番の心友であり、アス江の恋鬼。生後4日目に主人公の初めての仲間となった。アポ朗に次ぐ実力者で、戦闘狂の斧使い。主人公を倒して対等になる事を目標としている。重武装部隊の隊長を務めるミノタウロス(新種)。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【炎の亜神】、【戦乱の亜神】、【雷光の神】の三柱からの【加護】持ち。
称号【斧滅大帝】を獲得。
固有能力【斧滅なる者】、【渇望し天上へ至る者】を獲得。
真名【雷炎牛皇】を獲得。
固有能力【雷天神牛(ゼウス)の系譜】、【神殺しの雷炎】を獲得。
※※※から獲得(特定条件種、特定条件行動、特定条件個体をクリアの為)
特殊能力【武勇蒐集】、【蹂躙制覇】を獲得。
名前はゴブ吉→オガ吉→ミノ吉。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリン→オーガ(亜種)→ミノタウロス(新種)。
  • カナ美(かなみ)
生後6日目に二番目の仲間となった、主人公の恋鬼。アポ郎の恋鬼としては人間の赤髪ショートたちに一歩先んじられているためか、プライベート時にはアポ郎にくっついている事が多い。遠距離攻撃部隊の隊長を務める吸血貴族(亜種)。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【氷原の神】、【冥府の神】の二柱からの【加護】持ち。
称号【氷界女帝】、【鬼神の正妻】を獲得。
真名【月蝕神醒】を獲得。傭兵団≪戦に備えよ≫が誇る美人六傑の一体。
名前はゴブ美→ダム美→カナ美。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリン→半吸血鬼(亜種)→吸血貴族(亜種)
  • アス江(あすえ)
生後21日目に三番目の仲間となった、ミノ吉くんの恋鬼。趣味は精霊石などの採掘。後方支援部隊の隊長を務める地雷鬼(亜種)。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【地震の神】の【加護】持ち。
真名【大地母鬼】を獲得。
称号【地殻雷鎚】を獲得。
名前はゴブ江→アス江。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリン→半地雷鬼→地雷鬼(亜種)
  • スペ星(すぺせい)
年上ゴブリン組の一体で、当初はホブ・ゴブリン・メイジだった。魔法行使部隊の隊長を務める魔導鬼(亜種)。知力に優れたタイプで、冷静さからブラ里のブレーキ役(と言っても事後に軽くたしなめる程度)。【炎熱】系統魔術を得意とし、【水氷】【深淵】系魔術も扱える。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【魔術の神】と【杖の亜神】の二柱からの【加護】持ち。
称号【崩星導師】を獲得。
名前はゴブ星→ホブ星→スペ星。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリンメイジ→半魔導鬼→魔導鬼(亜種)
  • ブラ里(ぶらさと)
年上ゴブリン組の一体で、当初は雌のホブ・ゴブリンだった。軽武装部隊の隊長を務める血剣鬼(亜種)。種族的な特質でもあるが、血に酔いやすく暴走してしまう事も多く、スペ星には頭が上がらない。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【血の神】と【剣の亜神】の二柱からの【加護】持ち。
称号【剣嚇錆焙】を獲得。
名前はゴブ里→ホブ里→ブラ里。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリン→半血剣鬼→血剣鬼(亜種)
  • セイ治(せいじ)
同年代ゴブリンの一体で、初めてクレリックになった個体。治療特化型。医療部隊隊長を務める聖光鬼(亜種)。役目柄、性格も温厚で人間種のメンバーとの付き合いも良好。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。197日目に【存在進化】を遂げ、聖光鬼(亜種)となった。
【慈愛の亜神】の【加護】持ち。
称号【救光慈父】を獲得。
名前はゴブ治→ホブ治→セイ治。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリンクレリック→半聖光鬼→聖光鬼(亜種)。
  • イロ腐(いろふ)
同年代ゴブリンの一体で、腐肉が好きで死食鬼になった。色モノ担当。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
腐女子にして、【腐食の神】の【加護】持ち。
称号【凶険腐導】を獲得。
名前はゴブ浮→ホブ浮→グル腐→イロ腐。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリンメイジ→死食鬼→鬼腐人(亜種)。
  • クギ芽(くぎめ)
同年代ゴブリンの一体で、眼の位置はヒトと同じ場所に一対、眉の部分に一対、額の中心に他よりも大きい眼が縦に一つ、掌に一対、手の甲に一対。
【世界詩篇黒蝕鬼物語]】副要人物にして、【八陣ノ鬼将】の1人。
【観測の亜神】の【加護】持ち。
情報収集に特化しており、妖術が扱える。鬼将の一鬼ではあるが、戦闘力はけして高くはなく、自信がない。
名前はゴブ芽→ホブ芽→ドド芽→クギ芽。
種族はゴブリン→ホブ・ゴブリン→百々目鬼→九祇眼鬼

称号【鬼神の権妻】持ち

  • 赤髪ショート(ルベリア・ウォールライン)

年上ゴブリン達が捕まえてきた5人の女性の一人。総合統括機関(ギルド)から護衛依頼を受けていた冒険者。狼系犬っ子キャラで、オガ朗の恋人の一人。
職業【戦士】、【農婦】、【魔喰の戦士】、【聖獣喰い】などを持つ。アポ郎の三女オプシー(使徒鬼・亜種)を出産した。
【戦獣の亜神】の【加護】持ち。
称号【鬼神の権妻】を獲得。

  • 姉妹(姉)さん(フェリシア・ティミアノ)
年上ゴブリン達が捕まえてきた5人の女性の一人。行商人の一団である≪星神亭≫に所属していた。似た顔をした妹が居る。オガ朗の恋人の一人で巨乳。
職業:【行商人】、【料理人】、【仕立屋】、【料理長】、【鬼子の聖母】などを持つ。アポ郎の長女オーロ(半人大鬼)を出産した。
称号【鬼神の権妻】を獲得。
  • 姉妹(妹)さん。(アルマ・ティミアノ)
年上ゴブリン達が捕まえてきた5人の女性の一人。行商人の一団である≪星神亭≫に所属していた。似た顔をした姉が居る。オガ朗の恋人の一人で貧乳。
職業【行商人】、【料理人】、【仕立屋】、【料理長】、【鬼子の聖母】等を持つ。アポ郎の長男アルジェント(半人大鬼)を出産した。
称号【鬼神の権妻】を獲得。
  • 鍛冶師さん(エメリー・フルラット)
年上ゴブリンが攫ってきた五人の女性の一人。行商人(ペドラー)の一団である≪星神亭≫に所属していた。オガ朗の恋人の一人でほんわかとした雰囲気の癒し系。
職業【行商人】、【鑑定士】、【鍛冶師】、【精霊鍛冶師】、【鬼子の聖母】などを持つ。アポ郎の次男鬼若(上級大鬼)を出産した。
称号【鬼神の権妻】を獲得。
  • 錬金術師さん(スピネル・フェアン)
年上ゴブリン達が捕まえてきた5人の女性の一人。行商人の一団である≪星神亭≫に所属していた。オガ朗の恋人の一人で知的なクール系美人(眼鏡を掛けている)。
職業【行商人】、【錬金術師】、【魔道具製作師】、【鬼子の聖母】などを持つ。アポ郎の次女ニコラ(人間)を出産した。
称号【鬼神の権妻】を獲得。
  • 女騎士(テレーゼ・イースト・エッケルマン)
エルフに雇われて、戦いに加勢した際に捕らわれた人間の女性。
称号【鬼神の権妻】を獲得。
  • ドリアーヌさん(ドリアーヌ・デュブエ)
称号【鬼神の権妻】を獲得。【鬼乱十八戦将】に覚醒。
名前はドライアドさん→ドリアーヌさん。
種族はドライアド→美花頭女(ドリアーヌ)。

主人公の子供

  • オーロ

主人公の第一子で長女。姉妹(姉)さんが出産した【半人大鬼】。右手の甲に金色の“鬼珠”がある。オーロ=金を意味する。
【職業・鬼児】を持つ。

  • アルジェント
主人公の第二子で長男。姉妹(妹)さんが出産した【半人大鬼】。左手の甲に銀色の“鬼珠”がある。アルジェント=銀を意味する。
【職業・鬼児】を持つ。
  • 鬼若(おにわか)
主人公の第三子で次男。鍛冶師さんが出産した【上級大鬼】。ミノ吉くんを尊敬している。
  • ニコラ
主人公の第四子で次女。錬金術師さん出産した【人間】金髪碧眼。
【職業・鬼児】、【職業・紋章術師(クレストメイカー)】を持つ。
  • オプシー
主人公の第五子で三女。赤髪ショートが出産した【使徒鬼・亜種】。灰髪紅眼。
【宝石の神】と【冥獣の亜神】の【加護持ち】

ペット

  • クマ次郎(くまじろう)

主人公のペットで乗騎。額の角には特殊な力が宿る。
種族はハインドベアー→鬼熊。

  • クロ三郎(くろさぶろう)
主人公のペット。二つの頭があり、口から黒炎と雷を吐く。
種族はブラックウルフリーダー→オルトロス。
  • 熊吉(くまきち)
ミノ吉くんのペットで乗騎。大きさは九メートルにもなる。
種族はハインドベアー→鬼熊→鋼鎧大熊。

一般団員

  • 五鬼戦隊

同年代ゴブリン内の5体で、主人公を襲おうとして返り討ちにあった過去がある。弱者を救おうとする等、ゴブリンとは思えない精神構造をしている。
【色彩の亜神】の【加護】持ちで、それぞれ【赤】【青】【黄】【緑】【灰】の象徴色がある。

  • ゴブ爺(ごぶじい)
群れの最年長ゴブリンで、知識が豊富。多くの子供を孕ませており、主人公云わく『エロ爺』。百八十日目に老衰で死亡。
  • 秋田犬(あきたけん)
コボルド氏族の元リーダーで、秋田犬に似た顔立ち。
真名【秋風之辻】を獲得。
名前はコボルドリーダー→秋田犬。
種族はコボルド→足軽コボルド→武士コボルド。
  • 熱鬼くん
元奴隷部隊員の【灼熱鬼】。炎熱を纏い攻撃力がある。
  • 風鬼さん
元奴隷部隊員の【疾風鬼】。疾風を纏い攻撃速度に優れる。性別は女性。
  • 幻鬼くん
元奴隷部隊員の【幻想鬼】。近接戦は苦手だが、高度な幻術を操る。
  • ラムラさん
雷竜人(サンダードラゴニュート)で、傭兵団≪戦に備えよ≫が誇る美人六傑の一体。性別は女性。
  • 鈍鉄騎士(スティール・クローバック)
帝国騎士だったが、傭兵団≪戦に備えよ≫へ自ら志願した。【鬼乱十八戦将】に覚醒
  • スカーフェイス
主人公の【下位アンデッド生成】で創られた存在。ずっと訓練官役をやらせていて、少々知能が高くなっている。ブラックアンデッド・ナイト(スカーフェイス)とブラックスケルトン・ホースソルジャー二体を【骨結合】と【合成】により改造した。両頭骨の右眼窩に、ミノ吉君との訓練でついた特徴的な十字傷がある。
  • 復讐者(シグルド・エイス・スヴェン)
王国騎士であったが恋人を【大鎧百足】に喰い殺され、復讐を果たす為に主人公の配下となる。
【英雄詩篇輝き導く戦勇の背]】主要人物(メインキャスト)。
【陽光の神】の【加護】持ち。
  • 剣闘王(ライガー・バゼット)
職業:不明。
  • 女武者(カエデ・スメラギ)
職業【異界の剣豪】を持つ。王都にある店の店長をしている。
  • ≪ソルチュード≫
ガキ大将、ガキ中将(女)を中心とした、元孤児達の実験部隊。

シュテルンベルト王国(通称:王国)

  • お転婆姫(ルービリア姫)

王国の王女。第一王妃の娘であり、認識した対象の心が読める。【半人覚(サトリ・ミックスブラッド)】だった始祖王ロルギスの【先祖返り】とされる。
【判定の神】の【加護】持ち。年寄り臭い口調で話すが、世間知らずで我が侭。

  • 少年騎士(マックール・セイ)
お転婆姫に使える王国騎士。お転婆姫のワガママに振り回される苦労人。
  • 第一王妃
お転婆姫の母親で、王国の第一王妃。お転婆姫と同じく、人の心が読める。五大神教の熱狂的な信者。
  • 第一王女(ディアーナ姫)
不死の病:クリシンド病に侵されていたが、エルフの秘薬によって回復した。帝国次期皇帝の婚約者。
  • 異界の賢者
王国に知識を発展に貢献した【異邦人】御年70歳。
  • 四象勇者
王国の最高戦力。
  • 【水震の勇者】フリード・アクティ。農民出身の二十代男性。
  • 【闇守の勇者】アルリッヒ・ティン・アグバー。王国貴族出身の十代女性。
  • 【岩鉄の勇者】ガスケード・バロッサ・メロイ。王国貴族出身の四十代男性。
  • 【樹砦の勇者】フュフュ・アイン。数百歳の女性エルフで、唯一の亜人である。

キーリカ帝国(通称:帝国)

  • 次期皇帝

帝国の皇太子であり、王国第一王女の婚約者。婚約者の病の治療薬を得るために、エルフの集落がある《クーデルン大森林》へ侵攻した。多くの犠牲を払いながらも、秘薬を持ち帰る事に成功。

  • 八英傑騎甲団(ルガルド・オルデン)
帝国最高戦力の一つ。
  • 序列第三位【雷鳴の勇者】アルトゥネル・ベアーダ・リッケンバー。≪英勇武踏祭≫準・優勝者。
  • 序列第七位【骸蟲英雄】フィリポ。【魔蟲の神】の【加護】を持つ。
  • 観測の神の巫女
詳細不明。

アタラクア魔帝国(通称:魔帝国)

  • 六重将

第四席【重緋将】バララーク・バラク。金属系の魔人。≪英勇武踏祭≫優勝者。

その他

  • 娘さん(メイル・フェールオ・ラインフォール)

クーデルン大森林のエルフの里の住人。父親エルフの娘。攫われた所を、主人公に助けられる。

  • 父親エルフ(エッセバ・フェールオ・ラインフォール)
クーデルン大森林のエルフの里の住人。エルフの氏族長で、娘さんの父親。
  • 剣士の青年(ルーク・イルダーナ・エドモンド)
【英勇詩篇[救国を担いし光の御子]】主要人物。
【光の神】の【加護】を持つ。称号【光剣の勇者】、【光槍の勇者】を獲得。
職業【勇者】、【光槍の勇者】を獲得。

国家

≪シュテルンベルト王国≫(通称:王国)
人間中心の国家。亜人の扱いは軽い。帝国の同盟国。
≪キーリカ帝国≫(通称:帝国)
人間中心の国家。亜人の扱いは軽い。王国の同盟国。
≪ドゥルーヴァン共和国≫
現在は滅びており、領土は王国・帝国に二分されている。
≪エストグラン獣王国≫
【獣王】ライオネルが治める。詳細不明。
≪アタラクア魔帝国≫
【魔帝】ヒュルトンが治める。詳細不明。
≪ルーメン聖王国≫
人間至上主義を掲げている。詳細不明。

世界詩篇黒蝕鬼物語]

第三章【詳細不明】
第一節【斧滅大帝の目覚め】
第四章【王国革命のススメ】
第一節【雌伏の時(レビィナ・マス)】
第二節【予兆の陽(ルーラン・ベラ)】
第三節【狼煙の唄(ティラン・チィチ)】
第四節【破喰の牙(グールド・ベラン)】
第五節【毒死の翁(ギルベル・ヂュライ)】
第六節【這終の城(ルル・イエラ)】
第七節【戦火の弾(イブル・バラッド)】
第八節【闘避の馬(トトル・ティロル)】
第九節【斧滅の蹄(アステ・リゥオス)】
第十節【勇戦の儀(カトル・ガトル)】
第十一節【哭滅の鬼(ツェペリア・アポトル)】
最終節【統率の姫(ルービリア・マウクス)】

用語

か行

《神々》
《五大神》
【終焉と根源を司る大神】:主人公に加護を与えた存在。
【時空と星海を司る大神】:【異邦人】を招いている存在。
《神》
【嵐の神】、【雷光の神】、【氷原の神】、【冥府の神】、【死海の神】、【地震の神】【魔術の神】、【血の神】、【判定の神】、【魔蟲の神】、【観測の神】、【光の神】【陽光の神】、【腐食の神】、【岩鉄の神】、【山の神】、【風の神】、【運命の神】【黄泉の神】、【骨原の神】、【宝石の神】、【再誕の神】
《亜神》
【炎の亜神】、【戦乱の亜神】、【杖の亜神】、【剣の亜神】、【慈愛の亜神】、【癒しの亜神】【戦獣の亜神】、【色彩の亜神】、【舞踏の亜神】、【造形の亜神】、【深緑の亜神】、【疾風の亜神】【観測の亜神】、【清水の亜神】、【冥獣の亜神】
《混沌種(ミックスブラッド)》
人間と亜人両方の特性を持った種族。【職業】を得られ、【位階上昇】も出来る。更には【存在進化】さえも出来る。

さ行

《詩篇》
世界の神秘。世界詩篇、国家詩篇、英勇詩篇、辺境詩篇が確認されている。
《神迷遺産(アーティファクト》
神代ダンジョンから得られたアイテムで、神の遺物とも言われる。【粗悪】【通常】【希少】【固有】【遺物】【伝説】【幻想】級に分類される。
《精霊石》
精霊が宿っている石。
《戦技(アーツ)》
人間のみが使える。発動に魔力を消費する場合もある。
《存在進化(ランクアップ)》
素養のある個体が上位種へ進化すること。

な行

《忍法》
妖術から派生した特殊技法。

ま行

《魔術》
魔法の一種。【呪文(スペル)】【体内魔力制御(オド・コントロール)】【外界魔力精密操作(マナ・オペレーション)】の3つの要素で成り立っている。第一階梯(最低ランク)から第十階梯(最高ランク)までを神が定めている。現在、【終焉】【炎熱】【水氷】【深淵】【雷光】【風塵】【樹葉】【混合】系統が確認されている。

よ行

《妖術》
魔法の一種で、敵に状態異常を付与するものが多い。魔術と同様に系統がある。【水氷】系統を確認。

pixivに投稿された作品 pixivで「Re:Monster」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5762

コメント