ピクシブ百科事典

T-7

てぃーせぶん

航空自衛隊の初等練習機。または「T-38 タロン」に代わるアメリカ空軍の複座高等練習機。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 富士重工業が製造し、航空自衛隊が運用する初等練習機。
  2. ボーイングサーブが共同開発した、アメリカ空軍が運用予定の高等練習機。


当記事では、両者について記述する。

1の概要

初めての空
雲海越えて T-7


老朽化したT-3の後継機として開発。T-34の派生型の一つ。
価格を抑えるため、T-3と共通の部品が多い。機体形状はほぼ同一だが、垂直尾翼に後退角を付けるなど、細かな改良を施して運動性能を向上させている。
また、航空機の使用燃料をジェット燃料に一本化すべく、それまでのレシプロエンジンから、ターボプロップエンジンへ変更。
コックピットもゆとりのある設計がなされ、冷暖房も加えられるなどして居住性が改善されている。

試作機の初飛行は2002年7月9日

2の概要

制式名称は「T-7A レッドホーク」。初飛行は2016年12月20日

老朽化が進み、後継機の選定が遅れていたT-38。その中、高等練習機プログラムの勝者として2018年9月27日、アメリカ空軍によってやっと選定された。
T-38よりも高度なアビオニクスを備えており、F-35への移行を想定した訓練が可能。

2023年に運用開始予定。導入予定機数は351機。

関連動画

【T-7A First Inverted Flight Test】(英語)

※ボーイング 公式YouTubeチャンネル『Boeing』より転載(ボーイングはアメリカ合衆国の航空宇宙機器開発製造会社)

記述した内容が虚偽か判断する材料(公開情報)

ボーイング 公式サイト『T-7A Red Hawk』(外部リンク)(英語)
※ボーイングはアメリカ合衆国の航空宇宙機器開発製造会社

関連記事

親記事

練習機 れんしゅうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「T-7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3842

コメント