ピクシブ百科事典

analvore

あなるぼあ

肛門で生物を丸呑みにし、胃袋へ送る行為
目次[非表示]

肛門で生物を丸呑みにし、へ送る行為のこと。

概要

通常の捕食ジャンルとの違いは、口ではなく肛門から逆流させるように、捕食した生物を胃袋へ送る行為を指す。

unbirth(アンバース)との違いは、生物を体内に取り入れる箇所が女性器か肛門であるかという主観的なもの以外に、取り込んだ生物が子宮ではなく胃袋に送られるという点にある。unbirthが子宮で吸精、転生、再妊娠を行うのに対し、analvoreは単純に消化してしまう場合が多い(口まで逆流させる場合もある)。

捕食者側がメインの場合だと、巨大娘アナルフェチ、拡張フェチ(女性のお尻に大きな物体を入れる事が好きな性癖)が付随していることが多い。また、体内を通過する場合に、腸内を細かく描写していくタイプもあり、消化器官をはじめとする内臓フェチ、人の体内を探検するタイプのフェチ、ボテ腹スカ系ジャンルとくっつく場合もある。

肛門自体は生殖器ではないため性的描写というわけではないのだが、自主規制によってR-18Gに分類される事が多い。

商業作品の事例

非常にニッチな性的嗜好のため、商業作品で描写されることはかなり稀であるが皆無と言う訳ではない。

BIRTHday(蜂文太)のデビュー作となる漫画作品「消化不良 -INDIGESTION-」(単行本『BIRTHDAY PRESENT』収録)では、美少女を襲った異形のエイリアンが肛門から体内へ入り込み消化器官を逆走した末に胃液で溶かされてしまうと言うオチが描かれる。

1986年に刊行された泉大八の官能小説『セクシートラベル』で宇宙人によって1000分の1サイズに縮小された主人公が自分の妻の肛門から体内へ侵入し、宇宙人の案内で大腸から小腸、胃、食道……と消化器官を逆走して鼻の穴から脱出する描写がある。

関連タグ

R-18/R-18G リョナ unbirth 特殊嗜好

コメント