ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  • 英語圏の、最初に誰が死ぬかを当てるゲーム。区別の為に「デッド・プール」と表記されることがある。
  • そのゲームを主題としたクリント・イーストウッド主演の映画。邦題は『ダーティハリー5』。→Wikipedia
  • MARVELコミックのキャラクター、デッドプールの英語表記。
    • 記事投稿時の海外ユーザーのタグ使用状況に合わせて、全て小文字となっている。
    • Pixivのタグ「Deadpool」「DEADPOOL
  • 彼を主役とした2016年公開のスーパーヒーロー・コメディ映画。本項で解説

概要

MARVELコミックのヒーローチーム「X-MEN」を中心とした実写シリーズのスピンオフ。

本国アメリカでは2016年2月12日、日本では同年6月1日に公開された。


異色のヒーロー・デッドプールを主役に、己の復讐に突き進み、愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを、掟破りのパロディネタを織り交ぜつつ、過激なバイオレンス描写と下ネタジョーク満載に描くスーパーヒーロー・コメディ映画。

ゴア表現や性描写、強烈な下ネタなど、過激なシーンを多く含む作品であるため、一部の予告編では視聴に年齢制限が設けられている。また、映画そのものもR15+で公開というヒーロー映画としては異例の事態になっている。

(ちなみに日本でもPG-12指定のヒーロー映画が公開された前例はある)


特徴

20世紀フォックスによる『X-MEN』シリーズはコミック版からの大胆なアレンジや設定変更が多いが、本作および後述する続編ではデッドプールをはじめキャラクターの多くが比較的忠実もしくはそれに近いデザイン。

例えばコロッサスは、過去に登場した『ファイナルディシジョン』では比較的スリムで金属化の任意が可能だったのに対し、筋肉質の大男・常時金属の身体となっている。


主演はライアン・レイノルズ

同じスピンオフの『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』から続投(というより本作を見越しての起用らしい)だが、ファンから黒歴史扱いされるほどコミックとの乖離が凄まじかった同作から一転、恰好はもちろん、どこか捻くれたユーモア溢れる性格や「第四の壁」を無視した中の人ネタやライバルといえるMCUを揶揄したネタが主のメタ発言など、忠実な描写がなされている。

(ただし精神異常者としては描かれておらず、性格は割とまとも。このあたりは社会的な情勢を考慮したものなのかもしれないが)


なお『ZERO』の設定はなかったことになっている。

<どうしてそうなったかって?『フューチャー&パスト』見直そう。


評判

本来は2012年に撮影開始予定だったが、交渉がなかなかまとまらなかったため、製作開始が大幅に遅れることとなったという。

一時は企画がお流れになる危険性もあったらしいが、テスト映像がリークされてネット上に公開されてしまったたことがきっかけで、ファンの間で「遂にデッドプールの実写版が製作されるのか!?」と大きな話題となり、製作への機運は最高潮の状態に

ここに来てようやく実写映画へ向けた動きが本格化することとなったのだった。


試写会の評判は上々であり、いざ封切りになると初日だけでもR指定の映画としては過去最高額となる4700万ドルの売り上げを叩き込み大ヒットとなった。


ストーリー

タクシーに乗って目的地へ急ぐ、全身赤いコスチュームに身を包んだ男“デッドプール”。

到着したのはハイウェイの上。デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていた……。


そこからさかのぼること2年前。

ウェイド・ウィルソンは、かつて特殊部隊の有能な傭兵だったが、第一線を引退。好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐという、ヒーロー気取りの生活をしていた。

そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ。最初のベッドインがあまりに“完璧”だったため、彼らは一年間の同居を経て、結婚を決意する。


しかしその矢先、末期ガンで余命わずかと診断されてしまう。

そこでウェイドはヴァネッサのために、ある男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、

それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造し、超人奴隷としてオークションで売り飛ばすことが目的の恐ろしい人体実験施設だった。

施設長であるエイジャックスは自らも痛覚の無い無敵の肉体を手に入れており、ウェイドにさまざまな実験を課して、彼を改造していく。実行された実験で不死身の肉体を手にしたウェイドだったが、その代償として全身の皮膚がただれた醜い姿となってしまう。そして怒りが収まらない彼は、エイジャックスと激しく戦った末に施設から逃亡する。


愛するヴァネッサに会うことも出来きず、マスクを被って“デッドプール”として生きることを余儀なくされたウェイド。元の肉体に戻してもらい、もう一度、ヴァネッサと幸せな生活を送りたい……。


こうして、自分を騙した組織とエイジャックスへの復讐に執念を燃やし、エイジャックスへの手がかりを見つけては、次々とその場で敵を倒していくのだった。


キャラクター

括弧内は俳優 / 日本語吹替版声優。

主人公。醜い姿を治してもらう、そして殺すためフランシスを探す。


  • ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン / 林真里花

ウェイドの恋人。生涯添い遂げることを誓い合った仲。


バーの店主で、ウェイドの友人。


インド系のタクシーの運転手。


盲目の老婆。コカイン中毒者。


ウェポンXプログラムを指揮するマッドサイエンティスト。


  • エンジェル・ダスト(ジーナ・カラーノ / 行成とあ

フランシスの助手で、怪力などを発揮する女ミュータント。


X-MENのメンバー。頑強な身体を持つミュータント。


X-MEN訓練生の若いミュータント。

名前がクソカッコいいけど長いせいか、日本では「ネガソニ子」のニックネームが付いた。


ちなみに加瀬・行成両氏はMCUにおいてはヴィジョンワンダ・マキシモフのカップル役で共演しており、2人がダブル主人公のドラマ『ワンダヴィジョン』で初登場したアガサ・ハークネスは林氏が担当している。

<おいおい、俺ちゃんの吹き替えが北欧のハンマー雷様だった事、忘れるなよ?


動画

予告編


予告編2


予告編3


続編

R指定映画としては異例の大ヒットを受け、早くも続編の製作が決定


デッドプール2

2018年、アメリカでは5月に、日本では本作と同じ6月1日の公開。


デッドプール&ウルヴァリン

全米公開は2024年7月24日予定。

20世紀FOXがディズニーの傘下に入った事で、今回からマーベル・スタジオが製作するMCUの1作となるが、作風はそのままとのことで、予告編では下ネタや過激なスプラッター描写が確認できる。

主要キャストも続投予定で、『LOGAN』で一度物語の表舞台から退場したウルヴァリンが本格的にカムバックする作品になることでも大きな話題を呼んだ。


関連イラスト

deadpool


外部リンク

※音量注意


なんとデッドプール本人がつぶやいているという設定になっており、映画の宣伝のみならず、ほぼ同時期に公開されていた日本の映画をパロった発言(通称:かるたプール)をしたり、吹き替えを担当している加瀬氏の中の人ネタを口にしたり、地上波放送された『アメイジング・スパイダーマン2』の実況をしたりと、彼らしいフリーダムなツイートを連発しており、映画公開前から多くのファンの腹筋を崩壊させた

さらに同年5月に全米、日本では8月に公開された(俺ちゃんの映画の3倍の予算つぎ込んで、興行収入が半分だった)『X-MEN:アポカリプス』の予告にも登場し、「アポカリプスにプロフェッサーXがボコられる」「サイロックとは実は兄妹だった」などと言いたい放題なご様子(レイノルズは撮影期間中にサイロック役のオリヴィア・マンと合同演習を行っており、それを揶揄したネタと思われる)。


関連タグ

MARVEL アメコミ X-MEN デットプール アンチヒーロー


ダークマン

:アメリカの映画タイトル及び主人公の名前。事故で全身やけどに覆われた医学者が素顔隠すためにミイラ男のようになってしまった。その醜い姿に関しては俺ちゃんの大先輩


名探偵ピカチュウ

:実写版のピカチュウ役が俺ちゃんと同じ。なぜそんなことになったかというと、CGで作ったピカチュウにライアンの演じたデッドプールの台詞を言わせてみたら、喋り方や仕草に至るまで、あまりにも何から何までピッタリであったからだとか。ちなみに、同作にはドーピンダー役のカラン・ソーニもチョイ役で出演している。









エンドロール後にも続きがあるので注意。

関連記事

親記事

X−MENユニバース えっくすめんゆにばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8976902

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました