ピクシブ百科事典

mc51

えむしーごーいち

MC51とは極限までG3を小さくした小銃である。

概要

MC51とはG3をベースとして英国のFRオーディナンス社が、同国特殊部隊のSASの要望を受け、G3を短機関銃サイズにまで小型化したもの。
コンパクトかつハイパワーを目指し、著名なガンスミス、ビル・フレミングの設計で、1980年代後半に開発された。
連射サイクルを落とすなど、フルオート時のことを考慮した改造も施されていた。

一見するとMP5のようにも見えるが、7.62mmNATO弾を使用しているため短機関銃ではない、れっきとした小銃である。
最強のサブマシンガンという謳い文句で登場したが発射炎が酷くて吐き気がする、音がうるさ過ぎる等により実際の実用度は「二度と撃ちたくない」と言われるほどに微妙であり、SASやSBSは数年後に登場したHK53M16A2カービンにさっさと乗り換えてしまった。

アメリカのガンスミスが同様の物をHK51として販売していた。
こちらは趣味用と割り切っている為か、MC51より酷い代物である(もちろん褒め言葉である)。

東京マルイよりスタンダード電動ガンが発売されており、長すぎず、G3用固定ストックを用いることで大容量バッテリーの搭載が可能など拡張性も(当時としては)高く、短く大容量のマガジンもあることからサバイバルゲーマーには好評。

コメント