ピクシブ百科事典

ラブマナの編集履歴

2015-03-15 13:59:24 バージョン

ラブマナ

らぶまな

ラブマナとは、『フレッシュプリキュア』の主人公・桃園ラブ(キュアピーチ)と、『ドキドキ!プリキュア』の主人公・相田マナ(キュアハート)のコンビタグである。

概要

フレッシュプリキュア』の主人公桃園ラブ(キュアピーチ)と、『ドキドキ!プリキュア』の主人公・相田マナ(キュアハート)が仲良くしているイラストに付けられるタグである。

この2人の共通点は…

  1. トランプハートがモチーフのプリキュアに変身する。
  2. 2人とも変身後は金髪になる(他にも春野はるか(キュアフローラ)も同様。変身前は、ラブは栗毛色で、マナはピンク髪)。
  3. 名前の意味が同じ(ラブは当初「愛」もしくは「愛子」と名付ける予定だったのが、『世界に通じる人間に』という祖父の意向で英語風の名になったという経緯がある。マナについては『子供に向けての表記の問題で、実際は「相田愛」(マナの命名者は母方の祖母坂東いすず)と書く』とシリーズ構成の山口亮太がツイッターで発言している)。
  4. ピンクチーム(と同時に、歴代チームリーダー)においてこの二人だけが下の名が片仮名表記
  5. 変身後の名乗り台詞に「ピンクのハートは愛あるしるし!」「みなぎる愛!」とどちらにも「愛」が入っている。
  6. 粋でヒーロー然な性格が良い意味でも、悪い意味でも評価されていて、ラブ兄貴マナ王子などのニックネイムを持つ。
  7. 東映アニメーションのプロデューサー交代後最初の作品である。
  8. 2人とも母親の名前が「あゆみ」である。
  9. 友達に裏切られることには非常に弱く、友達が敵ぼ幹部だとわかったり、更生しかけたところで再洗脳された際には再起不能になるほど落ち込んでいた。
  10. 自分に好意を抱けれている同級生男子がいるが、その気持ちに気づかず恋愛に鈍感である(ラブは後に偶然告白されて気持ちを知る)。
  11. 料理が上手い(ラブはハンバーグやオムライス、マナははオムライスや桃まんやカレーを作る)。
  12. 青キュアと黄キュアとは昔からの友人。
  13. 敵の陣営にいる友達を説得し更正させ、その身寄りのない友人を家族の了承を得て、自分の家に泊めている。


相違点は…

  1. ラブは運動神経が中ぐらいに対しマナは、スポーツ万能なほど高い。
  2. 勉強面も同様で、ラブは低めに対し、マナは高い。
  3. ラブの変身後のヘアースタイルはツインテールに近いが、マナはポニーテールに近い。
  4. ちなみにラブは変身前は亜麻色がかったウェーブヘアに対し、マナは何故か淡紅色(ライトマゼンタ)のはね毛。
  5. 変身して戦う際、ラブは雄々しい表情が多いのに対し、マナは笑顔が多い。
  6. 敵組織にいる友達を説得する際、ラブは一騎打ちで本音をぶつけあいながら殴りあったのに対し、マナはいくら攻撃を食らっても反撃しようとはせず言葉だけで説得しようとした。
  7. 自分に好意を抱けれている同級生男子との喧嘩がラブは多いのに対し、マナは喧嘩がない。
  8. ラブは両親をお父さんお母さんと呼ぶのに対し、マナはパパママと呼ぶ。
  9. 日常生活で、ラブは一般生徒から普通な子扱いされているのに対し、マナは大物扱いされている。

関連イラスト

私たちってちょっと似てるかも!


受け継がれしは愛あるしるし!



関連タグ

プリキュア キュアピーチ キュアハート ピンクチーム

主なピンクチーム先輩後輩コンビ

先輩=キュアドリーム 後輩=キュアメロディ

先輩=キュアブロッサム 後輩=キュアハッピー

別の意味で「愛」繋がりコンビ

こまかれ … 中の人が永野愛前田愛

もう一人の「愛」

マナめぐ愛乃めぐみ/キュアラブリーとのコンビタグ。こちらは「愛」が名字に含まれるが、中の人との関連で漢字表記が「愛乃愛」という可能性あり。