ピクシブ百科事典

「待宵反射衛星斬」

まつよいはんしゃえいせいざん

「待宵反射衛星斬」とは、同人ゲーム『東方永夜抄』の登場キャラクター、魂魄妖夢のラストワード。
目次[非表示]

概要

東方永夜抄にて、魂魄妖夢が使用するラストワード
6面B(蓬莱山輝夜のステージ)を全チーム+単機二つの自機でクリアすることでスペルプラクティスに出現する。

自機のいる場所に超高速で斬りかかりつつ、画面中に上下に移動する鱗弾を縞模様の形で配置する技。
いわゆる初見殺しだが、ラストワードであるという都合上、特に問題は無いだろう。
斬撃の直前は妖々夢妖夢のスペルのように敵弾の動きがスローになる為、この間に弾幕をすり抜けて突撃をかわさなければならない。

永夜抄内の説明によると、狂気の月の力を借りて対象を切り崩す技であるらしい。
このスペカ発動時の妖夢は瞳の色が赤くなっており、狂気の瞳を会得してのラスワであることが窺える。

スペカ名のモチーフは山口譲司の漫画『BIRTH』に登場する技『剣・次元流 反射衛星斬』と思われる。
反射衛星とは光を反射する衛星で本作ではのことを指しており、待宵は十五夜の前日を指す言葉。

こちらが確認のVTRです



東方サッカーでは

やはり魂魄妖夢の技として登場。
半霊に乗って宇宙まで飛び、月面にでかでかと「待宵反射衛星斬」と刻んだ後、月を真っ二つに切断。戻って来て白楼剣楼観剣による斬撃でボールを吹っ飛ばす。
月を斬る意味など、あんまり無い!

関連タグ

東方project スペルカード ラストワード
東方永夜抄 魂魄妖夢
狂気の瞳
衛星 

pixivに投稿された作品 pixivで「「待宵反射衛星斬」」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70459

コメント