ピクシブ百科事典

あんぱんまん

あんぱんまん

あんぱんまんは、やなせたかしが1973年、フレーベル館が発行するキンダーおはなしえほん10月号で発表された絵本作品である。

ここでは絵本第一作目の元祖あんぱんまんについて記載する。

アニメおよびメディアミックス展開されている「それいけ!アンパンマン」と、十二の真珠に掲載された初代アンパンマンについては、それぞれの記事を参照。

概要

初めて絵本になった『元祖あんぱんまん』は、キャラデザインこそは今のアンパンマン同様あんぱんをモチーフにしたデザインになったが上記のお話のように中々衝撃的だったりする。

あらすじ
あんぱんまんは困っている人達の味方です。

あんぱんの顔を持ってボロボロなマントをしたヒーローです。

ボロボロな姿でも飢えに苦しむ人がいればその人を救います。

お腹が空いている人達がいればすぐに飛んで行きます。

どうぞ


「僕あんぱんまん!お腹が空いているなら僕の顔をお食べ」



しかし、どんどん餓えている人に食べさせてあげるので




……最後は







とうとう顔が全部無くなっちゃいます。









※あらすじは要約した内容を記載

pixiv百科事典の記事みんなのトラウマに書いてある「アンパンマン」とはこちらの絵本版元祖あんぱんまんの話である。



現在入手は難しいかもしれないが、もっと詳しく話を読みたい人は雑誌時代の原作「あんぱんまん」または絵本第一作目の「あんぱんまん」を読むことをオススメする。

上の文章より更に詳しく内容を知ることが出来るだろう。


あらすじからでもわかるように、あんぱんまんは貧困(空腹)に苦しむ人々を助けるという内容であり、未就学児には難解な内容で、編集部や批評家、幼稚園の先生などから酷評されてしまう。ところが、この本が発表された後、子供たちの間で人気を集め、幼稚園や保育園などからの注文が殺到するようになった。読者の中心である子供たちに合わせ、アンパンマンの体型も初期作品の8頭身から3頭身へと変わっていていき、そして絵本がシリーズを重ねていくに伴い、アンパンマンの仲間や敵のキャラクターが増えていったのは、言うまでもない事であろう。

関連イラスト

あんぱんまんとビート

pixivに投稿された作品 pixivで「あんぱんまん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29051

コメント