ピクシブ百科事典

チリンの鈴

ちりんのすず

やなせたかし原作・サンリオ製作によるアニメ作品。オオカミに母親を殺され、復讐の為にその親の敵に弟子入りして、身も心も魔物になり果てたヒツジの子・チリンの悲劇を描く。
目次[非表示]

「地獄へ落ちてもかまわない・・・、命だって惜しくない・・・!
ウォー、僕はオオカミよりも強くなって、お前をやっつけてやる!!」

概要

1978年3月公開。配給は日本ヘラルド映画。絵本の他、DVDも発売されている。
愛らしいキャラクターデザインとは対照的に、暗く重々しいストーリーが展開される作品。

あらすじ

小さな牧場で一頭の子ヒツジが誕生した。
子ヒツジはその首につけられた鈴の音から、「チリン」と言う名をつけられた。

ヒツジ達は牧場で静かな、平和な生活を続けていたが、ある夜、牧場は血に飢えたオオカミのウォーに襲撃され、チリンの母もチリンを庇い、殺されてしまう。

生き残ったチリンは、復讐の念に燃えた。チリンは復讐のために牧場を出て、ウォーを探し当てる。そして弱いヒツジではなく、強いオオカミになりたいと、ウォーに懇願した。ウォーの弟子になりたいと言うチリンを、最初は歯牙にもかけず、相手にしなかったウォーだが、やがてチリンの強い決心を感じ取ったウォーは、彼に強い動物になる為の訓練を施す。復讐心を糧にして、つらく厳しい修行を耐え抜き、殺しの技を身につけたチリンは、徐々にヒツジとは思えない禍々しい魔物の姿に変わってしまう。そして三年後、チリンは弱いヒツジの姿を完全に捨て去った。牙はないが、研ぎ澄まされた角を持ち、その蹄は岩よりも硬く、そして何より死をも恐れぬ「野生」を身につけたのである。修行時代、チリンは隙を見ては何度もウォーを殺そうと襲撃した。しかしウォーは、その悉くをはねのけてみせた。ウォーを超える事は叶わないと悟ったチリン。そしていつしかチリンは、自分を鍛えてくれた師であるウォーを、憎むと同時に、本当の父親であるかのような感情を持つようになっていく。こうなったら地獄の果てまで彼に付いていこうと、チリンは決意する。
・・・さらに時は流れて、ウォーの部下として成長したチリンは、ウォーと共に森を荒らしまわるようになる。悪魔のように凄まじい力を手にしたチリンとウォーのコンビは、このあたりで誰一人知らぬ者はいない、凶暴な殺し屋として恐れられていった。

ある雨の日の夜、ウォーはチリンに、かつての生まれ故郷である牧場を襲撃し、ヒツジたちを皆殺しにするよう命じた。
自分が生まれ、かつての仲間たちが平和に暮らしている場所だが、チリンは言われるままに牧場を襲った。たった一匹で襲い来る番犬の群れを容赦なくなぎ倒し、怯え逃げ惑うヒツジたちの小屋に踏み込んだチリンの姿は、かつてのウォーと生き写しであった。然し、その場で、逃げ遅れた子をかばう母ヒツジの姿を、チリンは見た。その母子の姿が、あの日の夜の自分と母の姿と重なり、チリンは激しく動揺する。
けっきょくヒツジたちを殺すことができず、「僕にはできない」と小屋を飛び出したチリンの前に、ウォーが立ちはだかる。チリンに本当のヒツジの殺し方を教えてやると、ウォーは羊小屋に踏み込もうとする。しかし、今度はチリンがウォーの前に立ちはだかり、その角を突き出した。
チリンは自らの目的を思い出し、「僕はヒツジだ」と叫んで、ウォーに突進する。
チリンとウォーの死闘が始まった―。

「復讐」という行為が導く結末とは、果たして―――――――・・・・・・。

登場キャラクター

チリン
幼少期

チリンの鈴


青年期

チリンの鈴


物語の主人公。春の牧場で生まれた、男の子の子ヒツジ。白いふわふわとした毛並みと、首に付けてある金色の鈴が特徴。やんちゃ者だが、心優しい性格。
牧場で母や仲間たちと平和に暮らしていたチリンだが、ある秋の終わりのころ、オオカミのウォーが「狩り」のために、チリンたちの住む牧場を襲撃した。それによりチリンの母は、幼いチリンを庇ってウォーの牙にかかり、殺されてしまう。最愛の母を殺されたことにより、彼の運命は大きく変わり始めていく・・・。

ウォー

ありがとう


チリンの師匠である、黒い毛をした大きなオオカミ(画面右)。岩山の奥深くで暮らし、ヒツジたちに恐れられている。チリンの母を殺し、彼の運命を変えた張本人。熊と一騎打ちで勝ち、自分以上の体格の獲物でも仕留めるほどの腕っぷしを持つ。チリンに強くなるための修行だけでなく、弱肉強食である野生の世界の理や、その世界で生き抜く為の「オオカミの生き方」の術を、彼に教える。

キャスト


アニメーションスタッフ


関連イラスト

柵を越えた日
狼と羊。
ぼくはオオカミよりも強くなって
らくがき

pixivに投稿された作品 pixivで「チリンの鈴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39270

コメント