ピクシブ百科事典

はいだらー

はいだらー

はいだらーとは、PS2専用ゲーム『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』に登場するキャラクター『ケン・マリネリス』の迷台詞である。
目次[非表示]

概要

物語序盤、木星衛星カリストに襲撃してきた武装集団『バフラム』と戦う主人公・ディンゴの前に現れたケン
その目的は、ディンゴが乗り込んだオービタルフレームジェフティの奪取であった。
仲間の採掘工たちを守るため戦うディンゴを、ケンが阻む――。

はいだらー誕生の瞬間


ケン「見つかったからには渡してもらうわ」
ディンゴ「バフラムがカリストになんの用だ」
ケン「へぇ、ただの採掘工じゃないようね」

ディンゴ「そこを通せ!」
ケン「はいだらー!

Q.おわかりいただけただろうか。
A.わけがわかりません。
いきなりの脈絡のない奇妙な叫びである。
その分、プレイヤーには多大なインパクトを与えたが…。
当然『はいだらー』などという言葉は実際には存在せず、脚本家の村田周陽により創りだされた造語である。
村田氏によると、気がつけば脳内でケンが「はいだらー!」と叫んでいたらしい。んなアホな。
そんなわけでこの言葉はファンの間で大人気となり、現在に到るまで愛され続けている。
まさしく、『はいだらー』はケンの代名詞といえるのである。

インパクト大なためか、『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』のOPでも、言っている。

(表示時間2:40あたり)

さらには、『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』の公式サイト内の「ReBoot Guide」の中のHDのルビに「はいだら」と振られている。

その他のはいだらー

同じ小島プロダクションで製作された『Metal Gear Solid V:The Phantom Pain』にハンド・オブ・ジェフティというバイオニックアームが登場する。
ジェフティのサブウェポン、ウィスプと同様、照準を定めた敵を手元に引き寄せることができて、発射する際にスネークが『はいだらー』と叫ぶ。
ちなみに、キーファー・サザーランドがスネーク役を務めた英語版でも、ちゃんと『はいだらー』と叫んでいる。

アニメ『チャージマン研!』の第25話『雄一少年を救え!』にも『はいだらー』が登場する。
火事に驚く野次馬たちの言葉の中に『はいだらー』と聞こえる部分があるということで、チャーケニストたちの間でも『はいだらー』が流行している。
さらに同話内では『らりるれ火事だー』と聞こえるセリフもあり、チャーケニスト達は同様の意味としてこれを使用する事もある。

関連タグ

アヌビス ケン・マリネリス

pixivに投稿された作品 pixivで「はいだらー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 218635

コメント