ピクシブ百科事典

やきそば弁当

ほっかいどうじんのせいしゅんのあじ

やきそば弁当とはカップ焼きそばの一種。
目次[非表示]

概要

東洋水産が生産・販売を行っている。
ただし北海道限定
もっともご当地キャンペーンなどで期間限定で北海道以外で売り出されるケースもある。

販売開始は1975年。
商品名の由来は、「一緒に入ってる中華スープの分だけ容器が大きくなり、弁当箱のように見える」からこの商品名となった。
普通のソース味以外に、たらこ味・特濃甘口・あんかけなどバリエーションも豊富。
そのうちの1つであるでっかいやきそば弁当はペヤングの超大盛と同じく麺が2玉入っているが、麺の量が何とペヤングの超大盛よりも20g多い。

中華スープの秘密

先述の通り、やきそば弁当には中華スープが同梱されているが、これは粉末タイプであり飲むためには当然お湯が必要となる。
では、そのお湯は何処から調達するか?
中華スープを溶かすお湯は、実は麺をほぐすために入れたお湯を使うのでとっても合理的

姉妹品

やき弁バゴォーンWゲット!


東洋水産では、これの姉妹品として、焼そばバゴォーンなるものを製造、東北地方および長野県新潟県で販売している。
パッケージと、同梱しているスープがわかめスープに差し替えられていることを除けば、焼きそば弁当とほぼ同じ。
1979年3月に販売開始。スープが付くようになったのは1981年からで、元々はやきそば弁当同様中華スープだった。わかめスープに変更になったのは1985年からである。

元々は(北海道を除く)全国で展開していた。しかし、東北地方および長野県と新潟県以外ではカップ麺における不倶戴天の敵の製品に太刀打ち出来ず、販売打ち切りに追い込まれてしまった。
なお、これの代替商品として開発されたのが昔ながらのソース焼きそばであり、こちらは2016年9月末現在製造・販売中。なお、この製品、やきそば弁当および焼そばバゴォーンと併売されているが、一時期やきそば弁当および焼そばバゴォーンを売っていない地域向け商品となっていた時期がある。

関連タグ

道産子ホイホイ カップ焼きそば 北海道

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「やきそば弁当」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152779

コメント