ピクシブ百科事典

アニマリアン

あにまりあん

アニマリアンとは、『あにゃまる探偵キルミンずぅ』に登場する種族。

概要

人間動物、両方の姿を持ち、自由に変身できる種族。
アニマリアンは自分に対して恋愛感情を抱いた相手に噛み付くことで、人の遺伝子に眠る「アニマリアン因子」を活性化させ、アニマリアンに目覚めさせることができる。
キルミンと違い、変身できるのは1種類のみ。
アニマリアンは吸血鬼狼男等と呼ばれ、人間から迫害され続けてきたらしい。
しかし、一部のアニマリアンからすると古臭い考え方とも言われている。

第44話において御子神ハルカの説明によると、もっと言えば、アニマリアンも人間も動物も同じであり、この世界には元々アニマリアンと呼ばれる人達は、人間と動物の両方の姿になれる種族がいて、「動物と家族を持つ人」、「人間と家族を持つ人」、そして「アニマリアン同士で家族になる人」が存在したという。永い時が流れて、今では人間を含む全ての生物にその血が受け継がれているということである。彼女が動物と会話が出来るのはアニマリアンハーフなのかも知れないが、本当は誰でも出来るはずである。

但し、いつの間にか人間がアニマリアンの存在を認めなくなったり、動物達の声に耳を貸さなくなったりしてしまったのである。リコにゃん達はそのキルミンで変身し、動物の気持ちが随分分かるようになったのはキルミンがあるから出来ることなのかも知れないが、キルミンで変身しなくても動物と会話出来るようになるとか。

関連タグ

あにゃまる探偵キルミンずぅ アニマリアン牙組

コメント