ピクシブ百科事典

アメノトリフネ

あめのとりふね

日本神話に登場する神、あるいは神々が乗った船。

概要

日本神話に登場する、あるいは神々が乗る船。
漢字表記では“天鳥船”。“天鳥船神(あめのとりふねのかみ)”、“鳥之石楠船神(とりのいわすくふねのかみ)”、“鳥磐櫲樟船(とりのいわくすふね)”と表記される事もある。

船と海上運輸を司る神であり、その名は“楠で作られた岩のように堅固で速く進む船”とされる。

神産みの際にイザナギイザナミの間から生まれた神々の一柱で、『古事記』によればオオクニヌシに国譲りを了承させる為にタケミカヅチの副使として高天原より地上の葦原中国へトコシロヌシの意見を聞く為の使者として遣わされたとされているが、『日本書紀』ではイナセハギという別の神がその役割を担っており、アメノトリフネは登場していない。

しかしタケミカヅチと並んで戦ったイナセハギとは違い、あくまでもタケミカヅチを乗せて移動するという役目にのみ徹しているという相違がある。

なお、『日本書紀』では神生みの際に産んだ蛭児を乗せて流した船の名前も“鳥磐櫲樟船”だが、『古事記』では“葦船(あしふね)”という事となっている。

関連タグ

日本神話

関連記事

親記事

日本神話 にほんしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アメノトリフネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175

コメント