ピクシブ百科事典

アルテア

あるてあ

牽牛星を意味する「アルタイル」の英語読み。ここではアニメ『GEAR戦士電童』の登場人物について記述する。

CV:中田和宏野島健児(少年時代)

概要

 黒騎士(ブラックナイト)の異名を持つガルファ親衛隊隊長で騎士GEAR凰牙のパイロット。ガルファ皇帝の息子でありながら螺旋城と同列の地位に位置する。

 鞘としても機能する二刀流の使い手で、アルクトス流剣術「壱の太刀」が得意。黒い西洋の軍服風のコスチュームを着用し、常に凰牙に酷似する仮面を付けており、その角も接近武器として使用する場合がある。

アルテア


 その素性は、17年前に行方知れずになったアルクトス皇家の第一王子、そしてベガの実兄である。GEARを動かす能力を狙われ、囚われの身になった上で記憶の基の一部を削ぎ落とし、偽りを上書きされる形で洗脳されていた。仮面には洗脳を効率的に安定させ、外すと生命維持が出来ないように施されている。
 地球圏での戦いではバイパーウィップブルホーンをファイルセーブするが、マスクを割ったベガの素顔を見て洗脳が解けかけた所を宇宙船アルデバランが回収。ガルファ本星でより強力な刷り込みを施されラゴウの敗北後、和装的な姿で再び現した。
 配下の機士らと策を練り揚げ北斗と銀河に精神的揺さぶりを掛け、残りのデータウェポンを奪うものの、螺旋城と三将グルメイの策略に嵌まり、アルデバランを砲撃される。
 中に囚われたベガの姿を昔の情景と重ねた事で正気を取り戻し、ギガ・グルメイを倒すものの、肉体と精神酷使した重傷を負いGEARに保護される。騎士凰牙とDWは甥の北斗たちに託し、地球の参考書を片手に学びながら療養するも、彼が囚われ敵にされた事を受け、己の愚行を語りながら銀河に友と戦う覚悟を悟らせた。

 傷が癒えた後は素顔を曝しつつ、GEARのオブザーバーとして宇宙船メテオの指揮とガルファ本星攻略を執りながら、再び凰牙に乗り込み、因縁の相手であるゼロと死闘を繰り広げ、これを討ち果たした。

 戦後はアルクトス皇家を復興させ次代の王となったものの、君主制を廃した様であるが、これは別のお話である。


 彼の少年時代は、キャラデザが数年前に描いた芹沢瞬兵をリデザインしたものであると自らのHPのBBSで語っていた。同時に既存作品や映画の人物をモチーフにしている。

関連タグ

GEAR戦士電童

pixivに投稿された作品 pixivで「アルテア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43862

コメント