ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
アンバー・ドラゴン“蝕”
0
アンバー・ドラゴン“蝕”は、『カードファイト!!ヴァンガード』に登場するユニットの1つ。

※イラストは製品イラストを描いたNINNIN(獅子唐)氏本人によるもの。

概要

ブースターパック第4弾「虚影神蝕」で登場した、グレード3のかげろうに属するユニット。

ありとあらゆる可能性から“暁”が選び出した進化の終着点。

アニメでは櫂トシキが使用する。


ユニットとしての性能

効果1

ヴァンガード時限定で、ソウルにアンバー・ドラゴン“黄昏”がある場合、常時パワーを1,000加算する。

適用されている場合、攻防両面で優位を保ちやすくなる。

シャドウパラディンファントム・ブラスター・ドラゴンとほぼ同じ効果でもある。


効果2

こちらもヴァンガード時限定だが、メインフェイズ中にカウンターブラストを2点払うことで、同一ターン中にこのユニットのアタックが敵ヴァンガードユニットにヒットした場合、敵リアガード2体を無条件に退却させる効果を付加させる。

設定にある「エターナル・イクリプス」と思われる効果だろう。

成功させればそれに見合ったリターンを得られるが、リソースを使用してすぐに発揮しないため、戦況を見極める必要がある。

相手は効果を発動させまいと手札にガーディアンを多く費やす為、ガードを誘発し手札を減らすため発動させると言う戦術もできる。

重ね掛けが利くため、2回分のカウンターブラストが決まった場合は敵リアガードサークルのほとんどを焼け野原にすることすら可能。


公式設定

ありとあらゆる可能性から“暁”が選び出した進化の終着点。

過去に辛酸を舐めさせられた事への復讐なのか、自らを“蝕”と称し、執拗に光の戦士たちを狙い続ける。

対峙した相手は、侵蝕の炎「エターナル・イクリプス」の前に全て消し炭となり、

存在した痕跡すら残すことはできないだろう。

「消え失せろ、全ての光よ。 エターナル・イクリプス!」(RRR仕様)

「光は闇に呑まれる物。 蝕め、エターナル・イクリプス!」(SP仕様)


関連項目

カードファイト!!ヴァンガード ヴァンガードユニット かげろう

アンバー・ドラゴン“暁” アンバー・ドラゴン “白日” アンバー・ドラゴン“黄昏”

※イラストは製品イラストを描いたNINNIN(獅子唐)氏本人によるもの。

概要

ブースターパック第4弾「虚影神蝕」で登場した、グレード3のかげろうに属するユニット。

ありとあらゆる可能性から“暁”が選び出した進化の終着点。

アニメでは櫂トシキが使用する。


ユニットとしての性能

効果1

ヴァンガード時限定で、ソウルにアンバー・ドラゴン“黄昏”がある場合、常時パワーを1,000加算する。

適用されている場合、攻防両面で優位を保ちやすくなる。

シャドウパラディンファントム・ブラスター・ドラゴンとほぼ同じ効果でもある。


効果2

こちらもヴァンガード時限定だが、メインフェイズ中にカウンターブラストを2点払うことで、同一ターン中にこのユニットのアタックが敵ヴァンガードユニットにヒットした場合、敵リアガード2体を無条件に退却させる効果を付加させる。

設定にある「エターナル・イクリプス」と思われる効果だろう。

成功させればそれに見合ったリターンを得られるが、リソースを使用してすぐに発揮しないため、戦況を見極める必要がある。

相手は効果を発動させまいと手札にガーディアンを多く費やす為、ガードを誘発し手札を減らすため発動させると言う戦術もできる。

重ね掛けが利くため、2回分のカウンターブラストが決まった場合は敵リアガードサークルのほとんどを焼け野原にすることすら可能。


公式設定

ありとあらゆる可能性から“暁”が選び出した進化の終着点。

過去に辛酸を舐めさせられた事への復讐なのか、自らを“蝕”と称し、執拗に光の戦士たちを狙い続ける。

対峙した相手は、侵蝕の炎「エターナル・イクリプス」の前に全て消し炭となり、

存在した痕跡すら残すことはできないだろう。

「消え失せろ、全ての光よ。 エターナル・イクリプス!」(RRR仕様)

「光は闇に呑まれる物。 蝕め、エターナル・イクリプス!」(SP仕様)


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎
  3. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー