ピクシブ百科事典

目次[非表示]

俺ハ生キル!ガイア、俺ハ生キル!!

データ

別名アルテスタイガー怪獣
英表記 IZAC/IZAC PLATIARD
身長62m
体重5万4000t
出身地アルテ平原


概要

第43話「銀色の眼のイザク」に登場。
別表記で「イザク」とも。
アルテスタイガーという珍種のトラの細胞が生体改造されて誕生した怪獣。

XIGファイターのミサイル攻撃を瞬時に回避するネコ科ならではの跳躍力と敏捷性、そして怪力を生かした肉弾戦を得意とする。口から火炎を放つ能力も持っている。生前に重油が混じった水を飲んでいた記憶が残っているため、石油コンビナートを襲撃する。

アルテスタイガー(アルテの虎)は、かつてアルテ平原に生息した「地上でもっとも美しい虎」と呼ばれた哺乳類だが、毛皮や薬用の骨の採集の為に乱獲され、1970年代に最後の一頭「銀色の眼のイザク」が殺害されたことで絶滅してしまった。
イザクの細胞は岩倉財団に保管されており、クローン化されて復活する予定だったが、その細胞は研究所を襲った破滅招来隊によって強奪され、怪獣に改造されてしまったのである。

活躍

一度目の出現時にはアグルと対決したが、アグルはイザクの荒んだ心を鎮めるために反撃しなかったため、その隙に火炎攻撃でアグルに大ダメージを与え、XIGの攻撃を受けて撤退した。藤宮は当初「イザクはアルテスタイガーを絶滅に追いやった人類を恨んでいる」と考えていたが、イザク自身は同胞が滅びたことなど知らず、実際はただただ「生きたい」という本能と、それを何としても貫こうと足掻く意志のまま行動していただけだった。

その翌日、川崎石油コンビナートを襲撃し、ガイアと交戦。スプリーム・ヴァージョンとも互角に渡り合った。激闘の末にフォトンストリームを撃ち込まれそうになるが、イザクの「俺は生きる」という意志を聞いたガイアは発射を中断する。
そのままガイアと長時間に渡る肉弾戦を繰り広げたが、最期はスプリームキックに対して真っ向からキックの打ち合いを挑み、致命傷を受けて倒された。投げの鬼スプリームを逆に投げ飛ばし、かつ苦戦させた唯一の怪獣であった。

なぜ破滅招来体が動物だった頃の痕跡と本能を残したのかについて、XIGの石室コマンダーは、「人類も他生物に対して破滅招来体となりうる可能性を理解させようとしたのではないか」と推測した。

かつて人類が動物絶滅という愚行を繰り返して来たことに対し、人類が変わっていくための一つの答えを提唱したエピソードである。

以降の作品での登場

新世紀ウルトラマン伝説2003

ウルトラダンスユニット・ウルトラファンクジャムの怪獣チームの一員として「イザク・ワイルドスタイル」という名前で登場。ヒップホップが得意。

余談

着ぐるみに火炎放射装置を仕込んだ最後の怪獣である。

脚本の初稿ではアルテスタイガーの設定はなく、実在した絶滅種「カスピアンタイガー」が変異したという設定だった。

第43話の特技監督を担当した佐川和夫によれば、怪獣の眼を銀色に見せる事は難しいと言う理由でイザクの眼を緑がかった色にして、電飾を通常の倍光らせる事で「銀色の眼」を表現したという。

イザクのセリフについてだが、担当声優が誰なのかは未だに不明。

関連タグ

ウルトラ怪獣 ウルトラマンガイア  絶滅動物
ペスターオイルドリンカータッコング:オイルが主食の先輩。
超獣メカレーター:地球の生物を改造して生み出した恐るべき侵略兵器。

黒い円谷

関連記事

親記事

ウルトラマンガイア うるとらまんがいあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イザクプラチアード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 447

コメント