ピクシブ百科事典

インチキン

いんちきん

インチキンとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:村上裕哉
ニヤニヤしながらヒゲをいじる怪しいオーラばつぐんの、のコスプレをしたメリケン妖怪。腕の先っぽと首あたりに人っぽいのが見える。取り憑かれるとインチキばかりする。ネームモデルは「インチキ」+「チキン」。

アニメ

第104話にて初登場。
カンチに取り憑き、テストで5点しか取れていないのに0をつけて50点を取ったと言い張る、ストップウォッチをわざと遅く押すなどのインチキをさせた。

ケータが姿が鶏みたいだから「鶏⇨鶏肉⇨親子丼」という発想でひも爺を召喚。喰われそうなる寸前、今度は「自分は鶏でなくカラス」と明らさまなウソじみた事を言うが、ウィスパーが確認すると妖怪パッドにも書いており事実である事が判明。
降参し、どうして鶏として生きていかなければならなくなった自分の経緯を話す。

実はインチキンは突然変異で生まれた白いカラス。仲間のカラスを見つけて呼びかけても攻撃されて仲間として認められず、鶏とウソを突き通してでも言い張らなければ生きていけないという悲しい運命を背負っていたのだ。

その話を聞いたケータ達は深く同情。自分のことを理解してくれたインチキンはケータに妖怪メダルを渡し、哀愁を漂わせながらに飛び去っていった。










というのはUSO!








ウィスパーがちゃんと妖怪パッドを最後まで読むと、「自分が鶏でなく白いカラスだったインチキ話をして相手の同情を買っているうちに逃走するので要注意」という注意書きが書かれていた!
なんとあの話は全てインチキンが作った嘘以外の何物でもないインチキ話だったのだ!!
しかも、彼が渡した妖怪メダルもただ紙を張り合わせただけの偽物。

ケータ達はまんまとインチキに騙されてしまい、インチキンに逃げられてしまうのだった。

今日の妖怪大辞典でも怪しい品を売りつけるインチキをした。

コロコロ版


ちゃお版


関連タグ

妖怪ウォッチ ウスラカゲ族 インチキ 

pixivに投稿された作品 pixivで「インチキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5047

コメント