ピクシブ百科事典

ウィリアム・フリードキン

うぃりあむふりーどきん

ウィリアム・フリードキンは、アメリカの映画監督。
目次[非表示]

概要

1939年8月29日、イリノイ州シカゴに生まれる。
16歳でテレビ局に入社し、ドキュメンタリーを撮り始める。
1967年、『ソニーとシェールのグッド・タイムス』で映画監督としての活動を開始。
代表作はアカデミー賞5部門を受賞した『フレンチ・コネクション』(1971年)と、ホラー映画の金字塔『エクソシスト』(1973年)だろう。
題材としてゲイを扱うことがあり、ブロードウェイ舞台を原作にした『真夜中のパーティー』(1970年)は、史上初めてゲイを真正面から描いたハリウッド映画だといわれている。

作品

『ソニーとシェールのグッド・タイムス』(1967)
『誕生パーティー』(1968)
『The Night They Raided Minsky's』(1968)
『真夜中のパーティー』(1970)
『フレンチ・コネクション』(1971)
エクソシスト』(1973)
『恐怖の報酬』(1977)
『ブリンクス』(1979)
クルージング(映画)』(1980)
『世紀の取り引き』(1983)
『L.A.大捜査線/狼たちの街』(1985)
『ランページ/裁かれた狂気』(1988)
『ガーディアン/森は泣いている』(1990)
『ハード・チェック』(1994)
『ジェイド』(1995)
『英雄の条件』(2000)
『ハンテッド』(2003)
『BUG/バグ』(2006)
『Killer Joe』(2012)

関連タグ

映画監督

外部リンク

ウィリアム・フリードキン - Wikipedia
ウィリアム・フリードキンとは - はてなキーワード
ウィリアム・フリードキン(William Friedkin) のプロフィール - allcinema

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィリアム・フリードキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4299

コメント