ピクシブ百科事典

エイハブ(放サモ)

えいはぶ

エイハブとはライフワンダーズ制作スマートフォン用ゲーム「東京放課後サモナーズ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

やれやれ、漂流したガキを拾うとは……まあいい、拾った以上は働いてもらうぞ まずはハープーンのブチ込み方から仕込んでやろう

概要

CV:石塚運昇/ILLUSTRATOR:gamma
青を基調とした船長服を纏い、白髪を蓄えた左足が義足で黒目捕鯨船の船長の水牛獣人。神器は彼が乗る、狙った獲物を追い求め絶滅させる為の権能を帯びた捕鯨船。そして手に持つハープーンは剥奪の権能を持つ二つ目の神器である。英語表記「Ahab」。
一人称は「俺」。
二人称は「名前呼び、お前(さん)、てめえら」等。
三人称は「奴(ヤツ)」。
主人公に関しては「名前呼び」。
笑い声は「はっはっはっ」。 ただし現状酔った状況でしか笑っていない。

イベント「出航!真夏の海洋冒険」の第3話、遭難していた主人公たちを拾い、船員として雇う形で登場。
船長らしく厳とした態度で、つっけんどんな性格ながら部下の面倒見もよい懐の広い男。
酔うとややフランクな性格になり、口が軽くなる。
己の人生から大切なものを奪ったある海の怪物を追い、数多の海を渡る復讐者。海の怪物の情報を聞くと、我を忘れ狂気を見せる面がある。

マカラは主人公たちよりも先に拾った交渉役として信頼している。
エイタが着ている船長服は彼のお古。理由は腹回りがキツくてもう着れなくなったらしい。

かつて大いなる存在を「神」と呼び、崇めていた国の王。しかし、その神を信じなかった為、神の矢を撃たれ魂を牛に縫い付けられた、世界から追放された元人間。神器のハープーンはその忌々しい神の矢でありながらも、彼はそれを使用している。矢と形容されているが、元からハープーン状だったのか、後に形を変えたのかは不明。
捕鯨船の神器も、ある部族の酋長の記憶を受け継ぐ神器らしく、二つ所持した神器が、双方完全に他人由来なのは放サモ内では初めてである。

実は「ゲートを通り東京に来た人ならざる者」という定義的に、転光生と言えるか怪しかった。
異界化した東京湾に別の世界から巻き込まれており、ゲートを通った訳でも、東京に来た訳でもない。この転光生と形容しがたい状況は、放サモ内では初めてだった。
その為、異変終了後も一人だけ東京ではなく元の世界に送還された。ただし、主人公とは縁を結び転光生になった為、召喚には応じる。

本気の頼みごとをする時は、船長命令ではなく一人の男として頼むタイプ。

2018年3月26日、キャラクエスト第一話「二万哩の航海へ」が実装された。

元ネタはハーマン・メルヴィル作の小説「白鯨」のエイハブ船長、そして旧約聖書のアハブ王。
白鯨には聖書のエピソードが多数登場し、エイハブもアハブを英語読みしたもの。
アハブ王はユダヤでは禁忌とされている偶像崇拝として、金の子牛信仰を持ち込んだため、聖書では暴君と扱われるなど非難されている。
要するに牛である理由は元ネタの元ネタが理由である。

関連タグ

東京放課後サモナーズ

関連リンク

東京放課後サモナーズWiki

pixivに投稿された作品 pixivで「エイハブ(放サモ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10718

コメント