ピクシブ百科事典

エンダァ

えんだぁ

エンダァァァァアアアアイヤァァアァァアアアアア!!!(※表記揺れ無数)とはホイットニー・ヒューストンの歌う「I Will Always Love You」の1フレーズのこと。
目次[非表示]

『エンダァァァァ…(略)』とは、ホイットニー・ヒューストンが1992年公開の映画『ボディガード』で歌った主題歌・「I Will Always Love You」の1フレーズ。
カタカナ表記だと無数の表記揺れが存在する(子記事参照)が、エンダァの箇所は「And I(そして私は)」と歌われている。

実は「別れを歌った曲」なんです

日本のバラエティ番組などでは現在、が成就したり、運命の出会いを果たしたり、「結ばれてお幸せに!」とか、リア充末永く爆発しろ的な場面に流れるのが定番となっている。
pixivでも同じような意味合いで付けられるタグとなっているが、一度歌詞にきちんと目を通してみよう。
「私はあなたが必要としてる女じゃないし、邪魔になるだけだから去るわ」
という、実にほろ苦い大人の男女の恋の終わりを歌った別れの曲なのである。

実際のおおまかな歌詞

もしも私がここに残ったら
あなたの邪魔になるだけね
だから行くわ でもわかってるの
これからもあなたを想い続けることを

そしていつもあなたを愛するでしょう(※エンダァの箇所はここにあたる)
いつもあなたを愛するでしょう

ほろ苦い思い出
それだけを持っていくわ
さようなら どうか泣かないで
お互い分っているんだもの 
私はあなたが必要としている女じゃないって      

これからの人生が幸せであることを祈るわ
そして あなたの夢が全部叶うよう願ってるわ
あなたに喜びと幸せが訪れますように
そして何より 素晴らしい愛が訪れますように

どうしてこうなった

ついでにこの曲が使われている映画『ボディガード』も、愛は成就せず男女は別れて終わる。
ので洋楽ファンや映画ファンからすると、何故この曲が「お幸せに!」的な意味合いで日本で使われているのか、サッパリわからない一曲となっている。
坂本九の「上を向いて歩こう」が、未だに欧米で「スキヤキ」と呼ばれているくらい違和感があるのだが…。

ついでに本家は

ホイットニー版があまりにも有名なため知らない人が多いが、アメリカの大御所シンガーソングライター、ドリー・パートンが1974年に作った楽曲のカヴァーである。

関連タグ

ホイットニー・ヒューストン
洋楽 歌姫 歌手
ボディガード

pixivに投稿された作品 pixivで「エンダァ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 824033

コメント