ピクシブ百科事典

オージェ・アルスキュル

おーじぇあるすきゅる

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』に登場する巨大ロボット兵器モーターヘッドの一騎。
目次[非表示]

解説

シュペルター(K.O.G.ウォータードラゴン)の姉妹騎として剣聖ダグラス・カイエンの為にレディオス・ソープアマテラス)によって製作されたモーターヘッド(MH)。
究極のMHたるナイト・オブ・ゴールドシリーズの一騎であり、両足に大出力の専用イレイザー・エンジンを搭載している。

マシンメサイアAUGEを模した外観を持ち、王家のMHとして実戦は行わないことを前提に自動的に遠隔攻撃を弾く『アクティブバインダーシステム』を両肩に装備している(ソープ曰く「王用MHなんて後ろで突っ立っとけばいいと思ってたから」)。

しかし、カイエンがウォータードラゴンを継承したことでバランシェ城にほったらかしにされたため、クローム・バランシェが自作のファティマのMHコントロールの調整を行うのに使用されていた(若かりしボード・ビュラードがバランシェ邸を訪問した際、建設中のテストサイロにクバルカンのバングと共に置かれていた)。
その後、成人したアトロポスが逃がされる際に、彼女によって持ち出される。

作中の活躍

星団暦2992年、アトロポスと一時的に神力を喪ったソープがシーブル軍の傭兵騎士アーレン・ブラフォードのMHアパッチに追われた際、「ファティマを使わないMHを開発する」というソープの願いへの参考にとファティマを乗せず、アトロポスがファティマ代理プログラムを用いて単独で搭乗。
アルスキュルとアトロポスは善戦するが、アパッチは性能こそ低いもののそれを操るブラフォードの技量と彼のファティマ・の能力によりスペック以上の実力を持っていたため、最終的にアルスキュルは顔面から殴り倒されて転倒し大破。騎体の機密保持の為にアトロポスによって泣く泣く自爆させられた。
その後、ソープはアトロポスの為に再度オージェを作るとその場で約束し、オージェのイレイザー・エンジンは回収され、後にナイト・オブ・ゴールドATに使用された。

関連イラスト

オージェ
あるすきゅる



関連タグ

ファイブスター物語 FSS
モーターヘッド 
アルスキュル アルス・キュル:表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「オージェ・アルスキュル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2057

コメント