ピクシブ百科事典

アトロポス(FSS)

あとろぽす

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物。
目次[非表示]

解説

クローム・バランシェがバストーニュに工房を構えてから製作した43体目のファティマ
『運命の三女神』の長女であり、ラキシスクローソーの姉である。

スペック…戦闘3A・MH制御3A・演算3A・耐久3A・精神3A・クリアランスOUT・タイプ∞(成長中)

全ての基礎能力が最強の3A超えという超々弩級ファティマでありながら、ファティマの感情・行動を制限するダムゲート・コントロールが施されておらず、それどころか『純血の騎士』に準ずる騎士能力をも持たされるなど、無限の寿命と人間を遥かに超える能力を有しつつも全ての制御から解放された『人間』として自由に生きることを「赦されてしまった」超常のファティマである。

始めからダムゲート・コントロールが存在しないため、ファティマらしさ(人間に対する盲目的な従順さ、非人間的なほどの静かな佇まい等)が無く、傍目からは単にものすごくスレンダーなだけの人間の女性にしか見えない。
性格や言動も極めて人間くさいというか人間そのものであり、マスターでもない人間に愛情や好意を見せたり、逆に誰かを憎んだり恨んだりすることもできる。そして、その感情の自由さゆえに、彼女は絶望し、苦しみ、葛藤する。

星団暦の騎士とは次元を異にする強さを持つ『純血の騎士』に準ずる超強力な騎士能力に加え、大剣聖ディモス・ハイアラキとその弟子である星団最強の剣聖ダグラス・カイエンのデータをインプットされているため、バイア(魔導騎士。新設定では『ツバイ』)のみに使える剣技を除いた殆ど全ての騎士剣技を使用することができ、戦闘能力は極めて高い(手加減していた上に彼女が剣聖剣技であるはずの「飛燕剣」を使えることに虚を突かれたというハンデがあったとはいえ、カイエンから一本取っている)。

普通の人間にも、純粋な戦闘兵器にもなりきれない自分の運命を彼女は「呪い」として受け止めており、そんな宿命を自らに課した父バランシェに恨みを向けることになる。

作中での動向

星団暦2987年に成人した後、ファティマに対し異常な執着を見せていたトラン・バストーニュの悪徳領主ユーバー・バラダから逃れ、ボォス星カステポーで隠遁生活を送る。
カステポーのツァイハイでパルチザンの首領としてウースー共和国軍と戦うと共にミース・シルバーを育てた。
パルチザンに加勢したダグラス・カイエンと臨時のコンビを組んでシュペルターを駆ってウースー軍を敗走させた。
その後、自らをファティマとして扱ってくれたカイエンに感謝しつつ、正真正銘の人間であったらカイエンのいい奥さんになったと思うと言っている。

ツァイハイを去った後は、別の村の近くに小屋を立てて、村の子どもたちに勉強を教える等して生活していたが、再会したレディオス・ソープアマテラス)からL.E.D.ドラゴンの幼生「すえぞう」を託され、再び放浪の旅へ。
その際、遥かな未来の自分達の運命を幻視してしまった彼女は、すえぞうを育てる代償として自分が望んだ時に永遠の命を持つ自分を殺して欲しいとすえぞうに向かって口にする。

のちにアマテラスからA.K.D.ライム公爵家の籍と皇位継承権第17位を与えられ「A-T・ライム伯爵」を名乗り、すえぞうと共に長きに渡る放浪生活を送っていたが、ラキシスが星団暦3239年にナイト・オブ・ゴールドと共に消息を絶った後、3952年にアマテラスの前に現れる。そしてジュノー侵攻にK.O.G.-AT(パトラクシェミラージュ)で参加。
星団暦4100年、デルタ・ベルン星での反A.K.D.軍との最終決戦で兄ユーパンドラと共にK.O.G.-ATで出撃するが、妹クローソーとコーラス26世の乗るジュノーン(エンゲージSR.4)と相打ちになる。

戦闘終結後、L.E.D.ドラゴンはカステポーでの願いを叶え、クローソーとアトロポスをデルタ・ベルン星ごと焼き払って消滅させるが、その魂と想いはL.E.D.によって吸い上げられ、永遠にジョーカー星団を見守ることになる。

関連イラスト

アトロポスさん再アップ
この世界の運命は...(どうなるでしょ?)


NO.43 アトロポス 過去繪
ファティマ・アトロポス



関連タグ

ファイブスター物語
FSS
ファティマ(FSS) オージェ・アルスキュル

pixivに投稿された作品 pixivで「アトロポス(FSS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント