ピクシブ百科事典

ユーパンドラ

ゆーぱんどららいむ

ユーパンドラとは、ファイブスター物語に登場する男性ファティマ。
目次[非表示]

解説

クローム・バランシェによって製作された42体目のファティマ
アマテラスについて様々な研究を行ってきたバランシェが、アマテラスのコピーとして産み出した紫色の瞳を持つファティマである(ちなみに本物のアマテラスの瞳の色は赤)。

スペック…戦闘2A・MHGTM)制御2A・演算A・耐久3A・精神3A・クリアランス無し・タイプ無し

ファティマとして超弩級のスペックを持つ他、ダムゲート・コントロールが施されておらず、騎士としての能力も持つ(戦闘能力2Aは星団暦3000年代初頭頃の平均的な騎士以上の能力)。

星団暦2989年に死期の迫るバランシェの見舞いに来たソープ(アマテラス)に休眠状態のまま託され、目覚めさせるも目覚めさせぬも自由と判断を委ねられた。
後に結局目覚めさせられアマテラスの影武者となり、臣下であるライム公の名を継ぎ、ユーパンドラ・ライムとしてミラージュ騎士団に入団。右翼大隊No.25として登録され、ファティマ・パルテノをパートナーとする。
A.K.Dの星団大侵攻後、星王位に就いたアマテラスが星団暦3967年に隠棲すると彼から全権を譲渡され、「アマテラス」として星団皇帝となった。

コピーだが性格は天照とはまるで別物で極めて人間的(悪い意味で)であり、皇帝の座に就いてからは反対派や反乱軍を武力で弾圧する恐怖政治を敷いた。
その紛い物ぶりはラベル・ジューダ(コーラス26世)に「王の目をしていない」と言い切られるほどであり、ミラージュ騎士たちにも軽視され蔑まれたという。
世界の全てと共にヒトならざるファティマ達の希望を一身に託された存在でありながら、図らずもヒトとして在ることを選んでしまった、哀しい『ファティマの王』である。

星団暦4100年、AKDでの反乱軍との最終決戦にてアトロポスをパートナーとしてMHパトラクシェミラージュ新設定では未だ不明)に搭乗。
ラベルとクローソーが駆るMHエンゲージSR4(GTMジ・エンドレス)と相討ちになり、AKDは滅亡する。

ユーパンドラの行為全てを黙認していたアマテラスはAKDによる星団支配体制の崩壊とコーラス王朝の復興を見届けた後、時空の彼方に飛ばされたラキシスを探すためにミラージュ騎士団とデルタ・ベルン星の国民達と共に星団を去っていった。

関連イラスト

ユーパンドラとアトロポス
天照とユーパンドラ



関連タグ

レディオス・ソープ
アトロポス
パトラクシェミラージュ
ナイト・オブ・ゴールド
ヤクトミラージュ

オルドナ・ポセイダル

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーパンドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600

コメント