ピクシブ百科事典

マキシマム・ハルトフォラス

まきしまむはるとふぉらす

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物。メイン画像は少年時代のもの。
目次[非表示]

解説

剣聖マキシ蒔子とも。
星団史上最強の超常の騎士にして11代目剣聖。そして時空を超える聖剣「懐園剣」の正当所有者である。
フェイツ大公バランス家の12代目当主。ミラージュ騎士団No.22Rの後、No.1となる。

ファティマ・マイト(AFガーランド)ミース・シルバーと6代目剣聖ダグラス・カイエンの息子だが、正確にはクローム・バランシェが「純血の騎士の血を引きながら、純血の騎士を超える存在」を目指して未完成のまま遺した46番目のファティマ『MAXIMUM』の理論と遺伝子プログラムを、ミースが引き継いで完成させた後、アウクソーに移植したミースの卵子に組み込んだ上でカイエンの精子を受精させ、さらにその受精卵をファティマの物と取り替えたミースの子宮に移植して生まれたという複雑な経緯によって誕生している。

誕生後はナトリウム・フンフトによって育てられ、魔導大戦では3075年に星団初の4ファティマの一人SSL(ジ・アトラス)をパートナーとしてMH暁姫を駆り参戦。
大戦終盤のハスハ解放戦では城内に生母ミースとアウクソーがいるにもかかわらず突入しようとして異母兄のデプレ皇子や10代目剣聖マドラ・モイライに窘められている。

男性だが3075年頃の少年時代は女性のような容姿をしており、服装も大きなリボンを始めとする少女のようなものであった。
神の力の一端を得たある種の「超越者」とも言える存在であり、人間で言うところの常識や道徳等という概念の入る余地のない別次元の情動を持つ。そのため、ハスハ解放戦の時は自分の母親であろうが、無意味に殺したり強姦したりすることも懸念されるほどの『人の形をした何か』として描かれている。
後にミラージュ入りして剣聖となった後も情緒不安定であり、アマテラスの悩みの種にもなったようだ。

3225年からのスタント遊星攻防戦にて戦死となっているが、実際はジョーカー太陽星団とは別の宇宙「タイカ宇宙」の巫女シルビス・レィス・ヴィーナスに召喚され、彼女によって初めて『人』と呼べる存在となり、謎の敵勢力『アンカー』と長い戦いを続けていく。後にシルビスと結ばれ、その4万年後の子孫として全能神U.R.I.が登場する。
死後は高次元体に転生し、「ファーンドームの星王」として天照大神たちと共に全宇宙を見守る。そして自分が清算できなかった「母と母であった方々」への心残りを解消するべく魔導大戦にいくばくかの介入をしたいと天照大神に進言し、受け入れられている。

関連イラスト

マキシ
剣聖蒔子


マキシちゃん
MAXI



関連タグ

ファイブスター物語 FSS
ミース・シルバー
アウクソー
ダグラス・カイエン
男の娘

pixivに投稿された作品 pixivで「マキシマム・ハルトフォラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498

コメント