ピクシブ百科事典

メガエラ(FSS)

ぶるーめがえら

永野護の漫画作品『ファイブスター物語』の登場人物。人工生命体ファティマの一人。
目次[非表示]

人物

クローム・バランシェによって製作された40体目のファティマ
「ブルー・メガエラ」の二つ名を持ち、アレクトーティスホーンと同時期に製作された三姉妹のうちの次女に当たる。
ボード・ビュラードことトラン連邦共和国大統領ミッション・ルースのパートナーであり、最高位のクリアランスである「F(フローレス)」の称号を持つ傑作ファティマである。
数いるファティマの中でも本編での活躍が最も多いうちの1人。おでこが広く、ボードやソープからは「おでこちゃん」と呼ばれていた。
スペック…戦闘A・MH制御2A・演算2A・耐久A・精神B1・クリアランスF・タイプM

マスターであるボードにしょっちゅう無理難題を吹っかけられては、ファティマでありながらマントも羽織らず出歩いたり、人間の服を着せられたり、裸にさせられたりと、星団法を無視しまくっているが、既に世話女房根性が染み付いてしまっているのか、初登場時から既に拒否も抵抗もする素振りもない。
ボードが偽名で活動している際には、メガエラもまた「メルクラ」の偽名を名乗っている。

幼少時、バランシェ邸に建設中だった地下式MHサイロに落ちかけたところをボードに救われたことが強く記憶に残り、成人後にお披露目の警備に当たっていたボードを1対1の対面でマスターに指名した。
しかし、メガエラがお披露目に出席した騎士を全て蹴り、公式には不在だったミッション(ボード)をマスターとしたことから、外交問題化を回避すべくボードはしばらく表舞台から消えざるを得なくなってしまった。
バランシェはメガエラとアレクトーが、共に豪放な性格の持ち主であるボードとアイシャ・コーダンテに連続して嫁いだ事が相当悔しかった(曰く「どいつもこいつもひっでー奴らのとこばっかに行く!」)らしく、お披露目から帰る途上のリムジンでメチャクチャ荒れた挙句、「ソープに八つ当たりしてやる!」と叫ぶのであった。

ボード亡き後はアマテラスの下に身を寄せ、星団暦4000年代のフロート・テンプル陥落時ではミラージュ騎士である剣豪ウピゾナ・バーデンバーグのパートナーとなっている模様。
そして、AKDと反乱軍の最終決戦の最中、ボードの子孫であるウェイ・ルースと出会い、ボードが無事に血を後世に残せたことを知り、涙する。

関連イラスト

メガエラ
メガエラ


おでこちゃんと大統領
【イラリク】メガエラ



関連タグ

ファイブスター物語 FSS
ボード・ビュラード

pixivに投稿された作品 pixivで「メガエラ(FSS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 291

コメント