ピクシブ百科事典

タグ検索の際はカオスそらのおとしものの同時検索も推奨。

CV:豊崎愛生

概要

イカロスの奪還及び桜井智樹の抹殺が成功しないのに業を煮やし、ミーノースが作り上げた第二世代エンジェロイド。目的はイカロスたちの破壊。
エンジェロイドにはタブーとされる夢に入り込むことが可能。「イカロスたちが地上人との愛に狂っている」と言う発言から「愛」について興味を持つ。

智樹に化け、ニンフを精神的に追い詰めるが、アストレアの攻撃とイカロスの反撃によって海の底に沈められる。その後、深海生物を喰らい続け自己進化
プログラム「Pandora」を発動。身体的にもパワーアップし、1度はシナプスに戻ろうとするが、彼女の敗北を知ったミーノースによって地上に追放された。行く果てもなく、智樹のところに行くが、その時の智樹の発言を偶然にも「厄介払いされた」と勘違いし、再び海の底に戻る。

VSメラン戦に再登場した際は進化したイカロスによって撃破されたメランの残骸を吸収。「賢くなれば、智樹が拾ってくれる」と思い、風音日和を吸収しようとするも、彼女の自害により吸収したメモリーによって何かを感じ取る。そして日和を殺され怒ったニンフによって攻撃されるが、誤ってその場に介入した智樹を刺してしまい動揺する。その後、守形英四郎を拉致しシナプスの石版を発動させる。

石版発動後は防空兵器「ZEUS」を破壊しに乗り込んできたアストレアと対峙。一度は優勢に立つも、「Pandora」により進化したアストレアに圧倒され更なる進化を図るが、オーバーヒートにより体の一部が大破。全てを受け入れたアストレアと共に消滅した。後に智樹の「願い」によって復活し、桜井家の一員となった。

ある意味本作のラスボス的な位置にいたといっても過言ではない



アニメ版では2期からの登場。原作とは違い精神攻撃に特化され一時的に大人の姿に成長した。従来のエンジェロイドとは一線を画す邪悪な心、陰湿な狡賢さ、いちど倒されても深海生物の生き血を吸って進化して蘇るしぶとさと執念深さを兼ね備え、本作において初めての明確な「宿敵」として描かれた。


関連タグ

カオス
そらのおとしもの エンジェロイド 豊崎愛生
シスター 素足に上履き ヤンデレ

関連記事

親記事

エンジェロイド えんじぇろいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カオス(そらのおとしもの)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56866

コメント