ピクシブ百科事典

カルキスト・ザァラ

あでぃとぅむのひめさま

カルキスト・ザァラとは、とは、SCP_Foundationにおける要注意団体『サーキック・カルト』の幹部:‘‘カルキスト’’の一人であり、創始者『崇高なるカルキスト・イオン』とその妻『クラヴィガル・ロヴァタール』の娘である。

概要

サーキック・カルトの幹部:‘‘カルキスト’’の一人であり、創始者『崇高なるカルキスト・イオン』とその妻『クラヴィガル・ロヴァタール』の娘である。

メカニトとの戦いで帝都アディトゥムが陥落し、アディウム帝国が滅んだ後、一人でアディウムの残党軍を率い、中国まで落ち延びた。そこで第二のアディトゥムを建てるも、メカニトの侵攻を受け、残党は壊滅。生き残りは日本や樺太等に逃げ、彼女自身は八つ裂きにされて腸を抉り出された。しかし、最後の抵抗と言わんばかりに腸は膨らみ、討伐が不可能となり、山の山頂に封印された。

からは統率力と聡明さを、からは美貌と勇敢さを授かったと言われており、さながらアディトゥムの姫姉様である。

彼女は現在、SCP-1903-JPとして、腸だけの状態で収容されており、今なお、父の再来と、アディウム帝国の復活を信じ、そしてメカニトへの怨讐を抱いて鼓動を刻み続けている。

SCP-1903-JP 『祖国と家族と白き山』http://scp-jp.wikidot.com/scp-1903-jp

関連タグ

SCP_Foundation サーキック・カルト 崇高なるカルキスト・イオン クラヴィガル・ロヴァタール 姫君

関連記事

親記事

サーキック・カルト にくのかると

兄弟記事

コメント