ピクシブ百科事典

カルディオ

かるでぃお

『金色のガッシュ!!』のキャラクター(画像の一番右のキャラクター)
目次[非表示]

パルパルモーン!

概要

魔界の王を決める戦いに参戦した魔物の子の一体。

CV:うえだゆうじ
本の色:ブルーウォッシュ
パートナー:サウザー

黒い子馬のような姿の魔物。オリックス類のように、後頭部から後方に向け二本の角を生やしている。また額にも特徴的な模様を持つ。

基本的に「パルパルモーン!」「パルゥ」などとしか発音できないが、サウザーとは完璧に意思疎通ができており、ウマゴンの言葉も理解できる。
また作中では心情を現すモノローグとしての台詞はあり(その際の一人称は「俺」)

北海道にて単独行動をしていたウマゴンと交戦する。
過去の経験から仲間と組み戦う魔物をパートナーと共に嫌っており、ウマゴンに対しても軽蔑と敵意を露にして戦いを挑んでいた。
実力差を見せつけたが、新呪文を発動したウマゴンの気迫を前に怯えてしまい、彼らを取り逃がし自らの負けを認める。
以後ウマゴンをライバル視。

その後、ニュージーランドで修業中にアースと交戦しかけるが、事情を知るとアース達に同行。後にファウードを魔界に帰す装置を巡りガッシュ達とも対立しかけたが、エリーを助けるためガッシュ達に協力する事になる。

ファウード復活後は、ファウードを魔界に帰す装置を起動までの間守り抜くべくアースと共に心臓の体内魔物と戦闘。
慣れないコンビでの戦闘に苦戦を強いられたが、最期は命を賭して最大術を使用。
心臓の体内魔物を完全に凍らせ倒し、本が燃え尽き死ぬ前に魔界へと帰っていった。

アニメ版ではウマゴンと共にファンゴ・ジェデュンと対決する。最初はサウザーとサンビームの息が合わなかったことと自身の氷とウマゴンの炎による属性の相性の悪さに苦戦するも、最後はエリーの説得でサウザーがサンビームとの共闘を受け入れ、息の合ったコンビネーションを見せつけて勝利する。最後まで本を燃やされることなく出番を終えた。

呪文

のイメージが強いが、本来の力はウマゴン同様にスピード重視の肉体強化呪文。

  • ギドルク 全身を鎧で覆い、強化する。移動速度も上がる。
  • ゴウ・ギドルク 「ギドルク」よりも更に強化する。二本の角が前方に伸びる。
  • ディオギコル・ギドルク 身体を冷気の鎧で武装する上級肉体強化術。
前方に一本、後方に二本の氷の角が形成され、氷の結晶のようなトゲが各所に生える。
氷属性を専門とする魔物に匹敵するほどの冷気を操るが、ウマゴンの「ディオエムル・シュドルク」同様、力の制御ができなければパートナーにも危険が及ぶ危険な術。
カルディオ達はこの術をコントロールするのに半年を費やした。
  • ディオウ・ギゴリオ・ギドルク カルディオの最大呪文。
頭部の角はより肥大化し、身に纏う氷の鎧もさらに刺々しい形状となる。
「ディオギコル・ギドルク」よりも更に強烈な冷気で武装し、より強大な冷気で攻撃する。しかし、カルディオ自身も命を落としかねないダメージを受けるほどの威力を持つ諸刃の剣の術。
アニメ版では未使用。

サウザー

CV:渡辺久美子

カルディオの本(ブルーウォッシュ)の持ち主。モンゴル出身のマリモな少年。南斗鳳凰拳は継承していない。
カルディオとは故郷の村で出会った模様。過去に一度戦ったコンビの魔物が卑怯な手を使ったため、仲間と組まないと戦えない魔物達を嫌っていたがエリーやサンビーム達との出会いで考えを改めるようになる。

意地っ張りでややツンデレ気味。

エリーに故郷の妹の姿を重ねている。

原作ではエリー以外のパートナーの名前を呼ぶシーンはないが、
アニメではサンビームの事を「オヤジ」と呼んでいる。
 

関連タグ

金色のガッシュ!!  金色のガッシュ!!登場人物一覧   
金色のガッシュベル!! ウマゴン
 氷属性

ケルディオ(名前が似ている)

pixivに投稿された作品 pixivで「カルディオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント