ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「きたろー、大好きー!!」



概要

キタこねこ は、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎第6期におけるカップリングで、キタネコの一種。

諸事情により幼い姿となってしまったねこ娘鬼太郎のカップリング。

ネタバレ

名無しの策略により命を落とすことになってしまったねこ娘。それを知った鬼太郎は地獄の閻魔大王と話し、脱走した大逆の四将を捕らえて地獄に連れ返すことを条件に、ねこ娘を取り戻す。鬼太郎のもとに帰ってきたねこ娘は、妖力が足りないとの理由から幼い姿だった。

6期では、ねこ娘は鬼太郎のことが大好きでありながら鬼太郎に対してもツンとクールな態度であったのだが、幼い姿、通称こねこ娘は精神年齢も外見と同様に幼くなっており、鬼太郎への好意を惜しみなく見せていた。
こねこ娘は精神年齢からしてもわがままが出る時期である。本編でもわがままを言った時があったが、(大好きな)鬼太郎に迷惑がかかると知れば、わがままをやめた。

ちなみにねこ娘は、こねこ娘として復活してからわずか2話後の第51話で、温泉の力で普段の姿に戻ってしまっている。このため、キタこねこが見られたのは2話(復活した49話では最後のオチのような登場のみだったため、キタこねこの絡みは次の50話からとなった。)のみという大変短い期間であった。戻った際には「小さかった頃の記憶は無い」と言っていたものの、話をしていたゲゲゲハウスから出て1人になった途端、赤くなった顔を手で隠して恥ずかしがるといった行動を見せた。そう、キタこねこの記憶はしっかりと刻まれているのである。

さらなるネタバレ(四将編以降の内容でキタこねこと関係のあるもの)

当時は多くの視聴者に衝撃を与えたこねこ娘であるが、72話でねこ娘の心の中の素直な部分を表す形で再登場を果たしている
視聴者の中でも特にキタネコ派に衝撃を与えた「きたろー、大好きー!」という台詞は当時から「通常のねこ娘の口からも聞きたい」という意見があった。これは1年近く経った後、同様の台詞によって93話でまさかの実現を果たした。

余談

鬼太郎は閻魔大王と話をした時、ねこ娘を連れ戻す条件を交わす際に「僕に差し出せるものはすべて差し出す」と発言している。ここで、(それこそ恋愛感情ではないものの)鬼太郎がねこ娘を思う強い気持ちが明らかにされた。

また、元に戻ってまだ日の浅かった55話では、ねこ娘と鬼太郎が焼肉を焼いていた際に鬼太郎が焼肉を「僕が焼いてあげるよ」「貸してごらん」と箸をねこ娘から預かるという行動を見せた。ねこ娘のほうも、照れながらも「あ・・・ありがと」と心なしか素直にお礼を言っていた。

関連イラスト

ここは書きかけの項目です。

関連タグ

キタネコ 子ねこ娘
鬼太郎シリーズのカップリング一覧

関連記事

親記事

キタネコ きたねこ

兄弟記事

コメント