ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゲゲゲの鬼太郎』シリーズの主人公・鬼太郎と、その仲間の少女妖怪・猫娘カップリング
鬼猫」と表記されることもある。

原作

猫娘はほぼ全媒体を通して「ガールフレンド」「幼馴染」と表記されているが、実際に明確な恋愛関係に発展したことはない
原作について記した公式資料の多くで、猫娘は「鬼太郎に対しては密かな恋心を抱いている」とあり、関係は要素として取り入れられているが、そもそも猫娘自体アニメ由来の要素を逆輸入する形でキャラクターが膨らんでいったところがあり、原作本編で踏み込んだ描写は皆無。猫娘が時折好意を見せる(『めんこ天狗』『国盗り物語/妖怪大口の巻』)くらいの控えめな描かれ方である。

猫娘の初登場エピソード『猫娘とねずみ男』では、懐が寒く空腹な猫娘に対して鬼太郎がラーメンを奢り、協力を要請。インチキ宗教で病人や貧乏人から金を巻き上げていたねずみ男を懲らしめた。
『妖怪危機一髪』『墓場の鬼太郎 妖怪小学校の巻』では「2人は妖怪小学校で同級生だった」という言及がある。

墓場鬼太郎(鬼太郎夜話)

笑って


鬼太郎:野沢雅子 寝子中川翔子

寝子は鬼太郎シリーズにおける猫娘のルーツとなったキャラクターである。鬼太郎は初恋の相手として彼女に想いを寄せていたが、ニセ鬼太郎とねずみ男のせいで命を落とした。
鬼太郎の霊毛ちゃんちゃんこを彼女に着せて連れ帰るべく目玉おやじが地獄へ迎えに行ったが、現世で生きていくのは難しいからと自ら残り、ニセ鬼太郎に復活の権利も譲った。
アニメ版では寝子も鬼太郎を好意的に想っていたことが示唆されており、地獄に鬼太郎が迎えに来た際は涙を流したが、やはり面会しなかった。
リメイク作『ねこ屋のきょうだい』ではニセ鬼太郎と寝子は兄妹という設定となり、変化の呪縛からも解放され、鬼太郎とニセ鬼太郎も和解する。

田中ゲタ吉シリーズ

2人の猫娘が登場する。

11月×猫娘(ゲゲゲの鬼太郎青春時代)


まずは『続ゲゲゲの鬼太郎/猫娘の巻』に出てきた方から解説するが、この作品でのキャラ改編の例に漏れず、どこか色情狂的な部分を持つ。
長らく疎遠だったゲタ吉と学業の途中で再会し、猫娘が積極的な形で同棲を始めるも、すでにゲタ吉親子のところにはねずみ男が居候していた。
もともと天敵関係であったことに加え、ペスト菌を持っているなどの理由で、猫娘はねずみ男を邪険に扱い続ける。ゲタ吉親子の仲裁も効果がなく、とうとう猫娘はねずみ男を消すために始末屋(魔女)を雇った。
始末屋により、無実?の罪で警察に連行されたねずみ男だったが、ねずみ男は始末屋から魔本を渡され、それを猫娘が興味を持つように放置。まんまと引っかかった猫娘は本を開けて呪文を唱え、結果現れた悪魔が魔王への生贄として猫娘を魔界に連れ去ってしまう。
これは目玉おやじが寝ていた最中の出来事であり、その後にゲタ吉たちが猫娘を助けに行った描写もなく、完全になかったこととして扱われたまま『スポーツ狂時代/野球狂の巻』『挑戦シリーズ/地上絵の秘密』には別人と思われる猫娘が登場。

野球狂愛しい


こちらは恋愛どころかモブキャラ扱いである。

アニメ版

時代の流れに合わせて様々な変化を遂げてきたアニメシリーズだが、2人の関係も作品ごとに違いが見える。
以下、シリーズ別の詳細を記載する。

1期(60's)

鬼太郎:野沢雅子 猫娘:山口奈々

1期の猫娘は『猫娘とねずみ男』にのみ登場するゲストキャラ。元作品は原作『猫娘とねずみ男』。
アニメ化に際して話の内容が大きく変化したエピソードだが、猫娘の出番に関しては原作とほぼ同様なので詳細は省く。

2期(70's)

2キタネコ


鬼太郎:野沢雅子 猫娘:小串容子

猫娘がレギュラーキャラに昇格。1期と同一人物とみなすかどうかは人によって分かれる。
猫娘は鬼太郎を異性として意識していることは間違いないが、以降のシリーズほど露骨な描写はほぼなし。『怪自動車』にて鬼太郎に「猫ちゃん」と呼ばれたことで上機嫌になり、目玉おやじを「お義父さん」と呼んだ程度である。ただし、そのインパクトから鬼太郎が「猫ちゃん」呼びを常用する二次創作は結構多い。
こなれた雰囲気を醸し出すシーン(『傘ばけ』で、傘化けにちゃんちゃんこを奪われて怒る鬼太郎を「我慢するんだよ、すぐ飽きるに決まってるんだから。ね?」と諫めるなど)も多く、熟年夫婦に見えると評するファンもいる。
反面、『幸福という名の怪物』では、結果的に騒動の片棒を担いでしまった猫娘を鬼太郎が叱る場面も。

3期(80's)

主に鬼太郎30


鬼太郎:戸田恵子 ネコ娘:三田ゆう子

同年代の幼馴染で、ネコ娘は鬼太郎に明確な恋心を抱いている。一方、人間側に天童ユメコというヒロインが登場し、彼女にデレデレしている鬼太郎を見てやきもきしながらも世話を焼く健気な姿に、主に女性ファンが急増した。
鬼太郎もユメコちゃん一筋かと思いきや、ネコ娘からのアプローチ(抱きついたり)に赤面するシーンはそこそこ見られる。
『悪魔ベリアル』で戦いに赴く鬼太郎にネコ娘が行った「勝利のおまじない」と、『ケ・け・毛!妖怪大髪様』で毛髪を失ったネコ娘が「お嫁に行けない」と嘆いていたのを「行くところが無ければ僕が貰ってやるよ」と励ましたのがその筋で有名。が、本編においてこれより強い描写は他には確認されていない。
SD化した2人が仲良くステップを踏むEDアニメも大変かわいいと評判。
こんなMADも作られた。

二次創作では、互いに思春期っぽさを強調されがち。しょっちゅう赤面する。

4期(90's)

鬼猫。


鬼太郎:松岡洋子 ねこ娘:西村ちなみ

打って変わって疑似家族のような関係(『えんま大王とねこ娘』)。あちこちで仲の良いシーンや、鬼太郎が敵の攻撃からねこ娘を守る描写などが見られる。姥ヶ火から「カップル」と言われたことも(『遊園地の吹き消し婆!』)。
『悪夢!妖怪地獄』では、妖怪ノイローゼに陥ってしまった鬼太郎のケガの手当てとしてねこ娘が巻いたハンカチがノイローゼを克服するキーアイテムになる。
一方、鬼太郎がねこ娘の真意をどこまで察しているかは不明だが、彼女に危害を加えた敵に鬼気迫る勢いでそこらに落ちていた鉄パイプを叩きつける(『ダイヤ妖怪・輪入道』)など、他の仲間妖怪と比べても特に「護るべき存在」と認識しているのは確かなようだ。

二次創作では、鬼太郎のしっとりとした落ち着きとねこ娘の快活で無邪気な一面を反映して、子供っぽいねこ娘を包容する鬼太郎という雰囲気の作品が多い。

憑依のねこ娘

センシティブな作品


「あたしのこと……もっと好きになってよ……鬼太郎……」

『髪の毛地獄!ラクシャサ』にて、ねこ娘がインド妖怪ラクシャサに取り憑かれ、大人の美女となった姿。腰まで伸びた長髪が特徴。
「自分はずっと子供の姿のまま成長することがないのではないか」という不安と劣等感を鬼太郎抹殺のための餌として利用された形であり、理想の姿となった自分を誇示し、そして肯定してもらいたいかのように「あやしげに鬼太郎にせまる(VHS第23巻パッケージのあらすじ紹介より)」。
ねこ娘の内面鬼太郎とねこ娘の絆に焦点が当てられたこの回は、現在でもアニメ全期を通したキタネコ要素の集大成/マスターピースと名高く、6期で美少女化に磨きがかかったねこ娘が水木ファン以外にも注目されるようになって以降、4期のねこ娘を象徴するエピソードとして取り上げられる機会が多い。
スマホゲーム『ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争』に4期ねこ娘が実装された際、その進化後の姿として採用される。これに合わせて『ラクシャサ』がYoutube公式チャンネルで配信された折に西村ちなみ女史が自身のTwitterにて「鬼太郎、ずっと大好きだよ」とコメントを残したこともささやかながら話題となった。

なお、成長パロを扱った二次創作の場合、鬼太郎に対してねこ娘はその名の意味するところに従って子供のままであるか、大人化時のウェーブがかかった長髪で描かれるのが基本。

5期(00's)

4期DVDジャケットパロ@5期


鬼太郎:高山みなみ ネコ娘:今野宏美

やや妄想癖が強い上に強烈なアプローチを仕掛けてくるネコ娘に対し、鬼太郎は(親愛から来る行為とわかっていたとしても)引き気味な節がある。
目玉おやじが「ネコ娘を嫁にどうだ、あと二百年程度すれば美人になる」と言うと「悪い冗談はやめてくださいよ」と返したり(『ビビビ!!ねずみ男!』。ちなみにこのくだりは『ゆるゲゲ』でもオマージュされた)、恋愛映画の誘いから逃げてねずみ男と妖怪昆虫採集に出かけたり(『野寺坊!夜の闇に響く鐘』)している。そのくせ3期同様美人に弱く、他の女の子に気持ちが傾いたりするので、ネコ娘はそれを見るたびに嫉妬心を燃やしている。
また、ネコ娘は鬼太郎とねずみ男の奇妙な友情を「全く理解できない」と思っており、よく鬼太郎とつるむねずみ男にガチ嫉妬することもしばしば。
それでも鬼太郎は一応大切な仲間とみなしてはいるようで、狂骨との戦いの際、電話口でネコ娘の悲鳴を聞くや飛び起きて駆け付け、鬼神のごとき戦いぶりで彼女のピンチを救い、子供たちから「彼氏みたいだね」と言われた(『ネコ娘の妖怪バスツアー』)。
一方、『上陸!脅威の西洋妖怪』では、戦闘力がそれほど高くないネコ娘を戦いに同伴するのを拒否し、冷たく突き放す。しょんぼりするネコ娘に、子泣き爺が「鬼神のごとく戦う自分をネコ娘に見せたくないからだ。ぬりかべが女房を連れていかないのと同じ」とフォローを入れている。
『ぬらりひょん最期の日』では、ネコ娘は鬼太郎にやきもちを妬かせようと黒鴉を褒めちぎったが、鬼太郎は例のごとくスルー。ただし、この時の鬼太郎の声が、いつも以上に低くぶっきらぼうに響いたように聞こえたので、「ひょっとして少しは妬いてるのかも?」と妄想するファンもちらほら。

以上のように、ネコ娘から鬼太郎へ向けられる好意が歴代で一二を争うほど明確なため、それに応じてラブコメ成分多めなシーンも見られた。
とはいえ、結局のところ他シリーズ以上に「何とも言えない」という結論に落ち着く(シリーズ構成・三条陸氏の作品の主人公にはよくあること)。

6期(10's)

キタネコちゃん


鬼太郎:沢城みゆき ねこ娘:庄司宇芽香

幼馴染であり、互いに従来と変わらず大切な仲間であることは自覚している。しかし鬼太郎は妖怪温泉で女性妖怪であるトイレの花子さんと混浴になっても平気な上、「次回はねこ娘も一緒に行こう」と誘う(『消滅!学校の七不思議』)など、女性に対する恥じらいをまるで持っていない。ただし、ねずみ男に結婚詐欺を働いた石山妖子こと石妖のウェディングドレス姿に見惚れたりもしており(『ねずみ男失踪!?石妖の罠』)、女性に対する美意識が皆無なわけでもない。しかし、「目にゴミが入った」と言ったねこ娘に「見てやろうか?」と近寄ったり、(ねこ娘が後述のこねこ化から戻って間もない頃だったとはいえ)焼肉を焼いていたねこ娘に「僕が焼いてあげるよ」「貸してごらん」と言って箸を預かるなどの行動を見せており、ねこ娘に対して過保護であるように見えるシーンも見られる。
6期のねこ娘は自分が野暮に見られるのを嫌がる面があるため、初期は鬼太郎に対しても普段はツンとクールな態度を見せていたが、それでも助けられたりすると嬉しさに頬を赤らめることも多かった。こねこ化ののち元に戻った辺りから2年目の終盤にかけては、前述の焼肉を焼いていた際の鬼太郎の言動に対して「あ・・・ありがと」と礼を言うなど素直な言動も目立つようになった。

本作ではねこ娘の戦闘能力が高いため鬼太郎との力関係は対等に近く、戦闘でも息の合った連携を見せている。鬼太郎が体勢を立て直すまで、彼に代わって敵の攻撃をしのぎ切り、「よく頑張った、ねこ娘」「……もう、遅いよ」と言葉を交わすキタネコファン泣かせの場面も見られた。
そんな彼女の鬼太郎への本音は『まぼろしの汽車』で語られることになる。

ちなみに、両者の身長差が歴代で一番大きい。そのせいでねこ娘が「年下趣味にしか見えない」などと囁かれることも……。しかし、これは外見上の問題であり、前述の通り戦闘では息の合った連係プレーを見せるなど、あくまでも関係は対等である。

子ねこ娘

依頼の手紙が気になってしょうがないこねこ娘


「きたろー、だいすき!」

6期のねこ娘が諸事情により幼児と化した状態。精神年齢も低下しており、鬼太郎への好意を隠そうとしない。戦闘能力も外見の見た目相応に下がっており、普段は対等であったキタネコに対し、ねこ娘を鬼太郎が守るという形になっていた。
本来の姿との区別として「キタこねこ」と呼ばれる場合もある。

実写映画

鬼太郎:ウエンツ瑛士 猫娘:田中麗奈

猫娘は50歳下の鬼太郎に想いを寄せているが、鬼太郎の方は猫娘が目玉おやじを「お父さん」と呼ぶのを嫌がり、人間の比良本楓(第2作に登場)の方に惹かれる。

異聞妖怪奇譚

鬼太郎:松本梨香 猫娘:宮村優子

ほぼ原作準拠。ただし、猫娘はより露骨に好意をアピールしてくる。
本作の鬼太郎ファミリーは妖怪パソコンや妖怪携帯電話を操る現代的な一面が描写されており、猫娘もねずみ男から妖怪携帯電話をせしめて鬼太郎にプレゼントする。

最新版(森野達也版)

ねずみ男、シーサー夜行さん地獄童子が鬼太郎のパートナーを務め、猫娘は最終回までずっとチョイ役状態が続く。当然、キタネコ要素は一切ない。

妖怪千物語

お花見デート



低年齢層向けの作風ということもあり、二人の関係性に強く焦点が当てられているわけではないものの仲は良好。
5期開始後は実質的に5期のコミカライズ作品となったが、鬼太郎がネコ娘に対して塩対応をするような描写は特にない

松本しげのぶ版

コロコロ版鬼太郎!!いいですぞ~♪


「原点に立ち返り、単独で戦う鬼太郎の姿を見せたい」という作者の意向により、ねずみ男を含む鬼太郎ファミリー全体の出番が意図的に減らされている。
人間側の主人公の少年・ゆうたは猫娘について「鬼太郎さんのガールフレンドかな?」と推測している(『妖怪大戦争 前編』)が、あくまで猫娘がどういうキャラクターなのか説明しただけという趣が強く、その手の描写は皆無。他の妖怪も交えて一緒に遊ぶシーンが少しある程度。

ブラック鬼太郎の野望

ブラック鬼太郎の野望


鬼太郎:佐藤利奈 ネコ娘:佐藤聡美
ブラック鬼太郎:岡本信彦 黒猫娘:原田ひとみ

鬼太郎とネコ娘に関しては従来と同様。
ブラック鬼太郎と黒猫娘は、鏡じじいがかつて自分を地獄に送った(本作の世界観では、鬼太郎は人間界で悪事を働く妖怪を地獄に連行している)鬼太郎へ復讐するために作り出した鬼太郎とネコ娘の模造体で、鬼太郎を倒して「唯一無二の【鬼太郎】」となることに執念を燃やすブラックにひたすら忠義を尽くす黒猫娘という関係である。
鏡じじいという同じ造物主から生まれた、言うなれば兄妹でありながら主従関係でもあり、それでいて黒猫娘はブラックに単なる忠誠心以上の感情を向けているというなかなか倒錯した見方もできなくはない。
黒猫娘は一度鬼太郎と戦うも命までは取られず、「あいつのために死ぬんじゃなくて、あいつのために生きてはどうだい」と諭されたものの、結局は鬼太郎との一騎打ちに敗れて地獄の底へ落ちていくブラックに最後まで付き従い、ブラックもそれを受け入れ、唇を重ねながら共に消えていった。

関連イラスト

鬼猫


鬼太郎 log



関連タグ

鬼太郎 猫娘 ネコ娘 ねこ娘
2期鬼太郎 3期鬼太郎 4期鬼太郎 5期鬼太郎 6期鬼太郎
NL

関連記事

親記事

鬼太郎シリーズのカップリング一覧 きたろうしりーずのかっぷりんぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キタネコ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キタネコ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17342042

コメント