ピクシブ百科事典

ねずねこ

ねずねこ

「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズに登場するねずみ男と猫娘のコンビ、またはカップリングタグ。 「鼠猫」「ねずネコ」「ネズネコ」「ねず猫」と表記揺れが多い。
目次[非表示]

猫と鼠は天敵同士。会えば結果は火を見るより明らか。
そしてそこに偶々といおうか、必然といおうかロマンが生まれてくる事もままあるのである。
(特にアニメシリーズ)

基本的に猫娘は悪さをするねずみ男のお目付け役でありお仕置き役。
化け猫顔で追いかける猫娘と顔に引っかき傷を作り逃げ惑うねずみ男というイメージが
もっともこの二人に近いと言える。
ただキタネコと同じく、シリーズごとに容姿、性格、アニメ・実写版では勿論声も
それぞれ違うので、多様な関係性がそのシリーズごとに描かれている。
以下、アニメシリーズ中心に簡単な説明をさせていただく。

なお、シリーズによって「ねずみ男」「ネズミ男」「ねこ娘」「ネコ娘」と表記に違いがあり、
それにより、タグ名の表記揺れも多い。

1期 (60's)

 ねこ娘は「ねずみ男とねこ娘」でのゲスト出演であり、悪さをしたねずみ男を倒す手伝いを
した。2期以降のように化け猫モードをコントロールする事が出来ず、ネズミなどを
見たり感じたりすると強制的に化け猫になる。
ねずみ男とは作戦上見合いまでしたが、やはり食う者食われる者同士として落ち着いた。

2期 (70's)

2期ねずねこ。


 やはりねこ娘がねずみ男を化け猫モードで脅しつけるものの、お互いは結構仲良し。
二人で仕事を始めようとしたり、旅行に行ったりしており、トラブルメーカーよろしく
二人で事件を起こしてしまった事も。
 他にもねずみ男が「おれが皇太子になったらお前を皇太子妃にしてやるよ」と
おふざけプロポーズまがいの告白をしたり、ねずみ男が死んだ時にねこ娘が
泣き叫んで悲しむ場面もあったり。

3期 (80's)

こら!


 想う相手は別々なれど、いいツンデレカップルコンビ。
恐怖にかられてお互い抱き合いネコ娘が気付いてねずみ男の頬をバチーン!なんてのは
当たり前。好きな人の事を思い浮かべたねずみ男が思わず傍にいたネコ娘を抱きしめ、
「うわーっ!おたふく猫に触っちまった!」と叫びネコ娘にお約束通りひっかれたり。
結婚を進められてお互い本気で嫌がったりと、ツンデレの見本市のような二人です。
 でも、映画でネコ娘がねずみ男にキスしたりとほんのりいい場面もあり。

4期(90's)

【4期】ねことねずみ


 仲が悪い(笑)基本的に相手の悪口を言いまくる、やたら相手につっかかる、ねこ娘は
脅す、ひっかく。お互いツンツン。
 でも相手が居ない時に「あれ、ねずみ男は?」と気にしたり、誰も悲しまなかった
ねずみ男の死に一人悲しみ、化け猫モードで脅かして何とか生き返らそうとした事も。
ねずみ男のために怒ったり、助けた事もあります。
 ねずみ男も、自分の命をかけてねこ娘を護ろうとしたり、今わの際には「一度でいいから
ねこの頭を思いっきり引っ叩いてやりたかったな」と遺言を残したり。


5期(00's)

喧嘩っぷる


初めはネコ娘がねずみ男を一方的に嫌っており、鬼太郎と仲のいいねずみ男をライバル視と
全くいい感情を持っていません。が、47話を見ると……?
ねずみ男とネコ娘の関係を一から作るという鬼太郎シリーズでは初の試みといえます。
後半では妖怪四十七士を探すという大任を任せられたりと、従来どおり絡みも多い二人。


番外編(実写化)

天パねずみとレナ猫


 むしろ第2作目「千年呪い歌」での絡みが多い二人。「千年呪い歌」は子泣きじじいと砂かけばばあ、ねずみ男とねこ娘がメインじゃないかってくらいの作品です。イイヨイイヨー♪

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 猫娘 ネコ娘 ねこ娘 ねずみ男 NL

pixivに投稿された作品 pixivで「ねずねこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55631

コメント