ピクシブ百科事典

子ねこ娘

こねこむすめ

6期鬼太郎第1部最終回ともいえる第49話の終盤に登場した復活したねこ娘の衝撃の姿に関連するイラストタグ。

解説

名無しの張り巡らせた策謀によって罠に掛かり、まなに施されていた呪の力によって魂すらも消滅するという形で命を落としたねこ娘……。

鬼太郎やまなたちを始め、TVの前の子供から大きいお友達を含めて誰もが彼女の非業の死に強い衝撃と共に深い悲しみ、そして戸惑いを覚えただろう…。

そして名無しとの決着を描いた6期鬼太郎の第1部の最終回ともいえる第49話の終盤、そんな悲しみを払拭し、そして傷を癒すかのように鬼太郎の計らいでねこ娘がみんなの元へと帰って来た。しかも何故か子供の姿となって‼


一応、補足しておくとまなに施された術によってねこ娘の魂は無に帰したかと思われていたが、実際には地獄に行っていただけ(生前の行いが悪かったとかではなく、恐らく術の力によるものと思われる)の様で、彼女の死に嘆き悲しんでいたまなの為にわざわざ鬼太郎が閻魔大王に直談判して現世に復活させてもらったのだが、都合によりひとまず幼女の姿まで戻ってしまったというのが理由なのだが、この予想の斜めを行くような展開はまなは勿論、視聴者も驚かされたに違いなく、喜び半分、戸惑い半分の気分に陥った人たちは多いかもしれない…。

まぁ、今までの大人びたねこ娘の姿から、原作に近い容姿になったと言われればそれまでなのだが…。

新章となる第50話からはその姿で登場するが、ただし記憶は以前(消滅前)のことを覚えていない模様で、性格も無邪気な子供そのものであり、妖力が戻れば以前のような姿に戻り記憶も甦るであろうと鬼太郎は述べており、第51話では花子さんと共に恐山の温泉へ入浴し妖力を戻して以前の姿・記憶を取り戻して鵺と戦闘中の鬼太郎のもとへ駆けつけた。

意外と早い段階で元の姿に戻ったので、この姿は49話終盤~51話前半までの期間限定であった。

ただし復活の際、鬼太郎が閻魔大王と交わした約束(=対価)として「大逆の四将」と呼ばれる地獄から脱走した4体の妖怪を討伐することを条件とし、それが果たせなかった場合は再び地獄へ連れ戻されることと鬼太郎自身も地獄へ拘束される。

関連項目

ねこ娘

関連記事

親記事

6期猫娘 ろっきねこむすめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「子ねこ娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13764

コメント