ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV;内海賢二第1期)、大木民夫(第3期)、沢木郁也(第4期)、西村知道(第6期)、郷田ほづみ(異聞妖怪奇譚)

概要

明治時代にポルトガルから日本にやって来た西洋悪魔。自分の好みのものを魔法召喚する事ができ、原作ではホットケーキなどが見られた。


悪魔博士という血縁者がいる。


鞍馬山のカラス天狗に魔力を封印され奇術師として全国を放浪していたが、ねずみ男が封印をといてしまい魔力が復活。

カラス天狗を封印し今度は鬼太郎達日本妖怪軍団と交戦。天候操作などの魔法で妖怪軍団を圧倒し、目や鼻といった器官が無数に付いた複数の巨大球体に分裂して包囲する。しかし本体を見抜かれ指鉄砲を受けて倒される。ちなみに、ベリアル戦は鬼太郎が逆魔法を使用する珍しい回でもある。

ベリアル戦


後日談で魂だけの存在となって封印されたが、またもやねずみ男のせいで復活。鬼太郎に取り付こうとするが逆に魂を破壊される。

また別の話ではベリアルの子孫である博士が鬼太郎に復讐に来るエピソードもある。


アニメ

第3期は江戸時代に来日し、カラス天狗との戦いで安政の大地震が起きた事が語られている。倒した相手の能力を吸収して自分の力にする事ができ、子泣きじじいの石化能力とぬりかべの巨大化能力を奪って石の巨人に変化した。ベリアルの弱点が書かれた『悪魔の書』がある妖怪図書館を巨大球体になって襲撃し鬼太郎と対決する。悪魔の書を解読したネコ娘に「悪魔の心臓は一つしかない」という弱点を暴かれ、耳をすませて鼓動を聴き取って心臓の隠し場所を見抜いた鬼太郎のオカリナ剣で心臓を刺し貫かれて絶命し、体は砂となって崩れ落ちた。


シリーズによって巨大球体のパーツが違う事もある。例えば第3期は鼻があったが、4期には鼻が無い。第6期は耳、目、口、手、足、鼻の全てのパーツが揃った状態で登場した。

第5期には登場していないが、遊園地用のシアターでこのシリーズを元としたベリアルの話が各地で公開されていた。


第6期ではおよそ20年ぶりにアニメに登場。顔や毛髪のカラーリングは、3期のアカマタをも思わせる。なお声優を担当した西村知道氏は、4期にてぬらりひょん役であった。

今回も天狗との因縁関係があり、強大な魔力を以てして約150年前に日本征服を目論みポルトガルより来日すると町や城に火を放つなど数々の暴虐の限りを働いていたが、大山に棲んでいる烏天狗の長老の手によって一瞬の隙をつかれ魔力を『やさかりの玉』に封印されて力を失い、それ以来ホームレス同然の生活を余儀なくされ「日本に来るんじゃなかった」と後悔の念と烏天狗の長老への怨嗟を募らせながらひっそりと人間社会で暮らしていた。


しかし若き烏天狗の小次郎が、まなの為に大山に掛かった霧を吹き飛ばして景色を見せてあげようと突風を起こした際に、誤って封印の塚を壊して『やさかりの玉』を壊してしまい復活。怨み重なる長老を始めとする大山の烏天狗達を里諸共地下深くへと封印してしまう。


更に自体の異変を察知して駆けつけた小次郎に対して、あっさりと封印してしまった為に長老を嬲り痛めつけられなかった代わりにと散々痛めつけ、更にその場にいたまなを烏天狗の悲鳴は聞き飽きたと称して襲いかかろうとするなど、悪魔らしく残忍かつ冷酷な一面を見せていた。


…が、ここまで強大な力を有しているにも拘わらず今回の設定では西洋妖怪の一員の1人に過ぎない様で、まなを痛めつけようとした矢先に上司であるバックベアードに呼び出されて一時その場より撤退すると、ベアードから西洋妖怪の重鎮に取り立てられる事を条件に『アルカナの指輪』をアニエスより先に手に入れるようにとの命を授かり、境港の地に指輪を探ししてやって来ていたアニエスや彼女からの連絡を受けて駆け付けた鬼太郎と対決。


巨大球体のパーツへと分離して鬼太郎を追い詰めるが、最後はまなの言葉に奮起して心眼を開眼させた小次郎に鼻のパーツに隠された心臓の位置を割り出され、投げ付けられた昆で心臓を刺し貫かれた所に鬼太郎の指鉄砲で眉間を打ち抜かれるというオーバーキル的な方法で止めを刺されて消滅した。


異聞妖怪奇譚

大妖怪ギーガ率いる西洋妖怪軍の助っ人として参加。ルートによっては戦わない事もあるが、その力は強大であり、鬼太郎達を大いに苦しめる事となる。


余談

  • 魔力を失ったとはいえ悪魔である事は変わりなく、いずれも150年以上も年を取らずに生きている。しかし、それだけ生きているにも拘わらず世渡りの才覚は全く無く、人間界ではインチキ手品師(第4期では単に扱うマジックが古臭い)となって浮浪者同然の暮らしをする体たらくだった。同じ悪魔でも『悪魔くん』のロソンやベルゼブブは魔力こそないが悪知恵に長けており、人間界でのし上がっていた事を考えると、ベリアルは魔力頼みの脳筋タイプだったといえる。

  • アニメ版『悪魔くん』にも登場しているが、こちらは中華風の装いをした鬼太郎版とは全く異なるデザインをしている。ヤギ型の悪魔に騎乗したサタン王国四天王の一体なのだが、他の四天王ほど目立った活躍はなく、四神にあっさり倒されている

関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎

  

ベリアル 烏天狗

関連記事

親記事

西洋妖怪 せいようようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1626

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました