ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ライザリン・シュタウト(ライザ)が住んでいるラーゼンボーデン村にやって来た少女。一人称は

商会を営む父親のルベルト・バレンツと村を訪れる。旅生活のため、親友などはいなかった模様。

ライザと出会ったことで互いに友人関係となり、クーケン島を一緒に冒険することに。


3年後となる続編では父から王都での仕事を任されており、ライザと偶然再会する。

ライザ達との冒険が忘れられず、ストーリーが進むことで今回もパーティに参加する。


最終作である3でももちろん続投。今作では21歳。商会内での地位を固め、成長部署を任せられるなど商人として成長している模様。ライザの招集を受け、また新たな冒険の旅に出発する。


プロフィール

身長163cm→164cm(アトリエ2、3)
年齢17歳→20歳(アトリエ2)→21歳(アトリエ3)
肩書き商家のお嬢様
好きなもの旅路、お菓子作り
苦手なもの蜂の巣、動物由来の素材(アトリエ1のみ)
CV大和田仁美

容姿

クラウディア

長い金髪黒タイツが特徴でスカートにはスリットが入っている。

他の女性パーティメンバーのライザとリラがシリーズでも屈指のグラマラスな体型のため、クラウディアは流石に二人に比べたら劣るものの、一般的に見れば彼女も十分なスタイルである。


祝ライザ2発売

続編では20歳となり、さらにグラマラスになったライザ同様に成長を遂げ、1のライザに匹敵するグラマラスさになっている


性格

やや大人しい性格をしているがライザの芝居が掛かった挨拶にノリノリで対応するなどの一面も。

おっとりとした性格の一方で引けない一線を秘めており、意外に度胸も据わっている。冒険心にも溢れているため、ライザたちとも気が合う。


フルートを箱に入れて大切にしているが、恥ずかしがり屋なために人前で演奏することは滅多にない。このフルートは敵との戦闘では武器として使われ、音楽による魔法攻撃に利用される。

『アトリエ2』では武器として新たにを扱うようになったが、フルートも一部の攻撃で続投している。


行商人という家柄の都合上、一箇所に長期滞在することがあまりないため、友人作りの難しさを強く実感している。そのためか『アトリエ2』でライザと再会するまでの3年間でライザに対する独占欲が生まれ、いずれ別れることになる寂しさと疎遠になるのではないかという不安を感じている。


アニメ版では当初の恥ずかしがり屋な性格が強調されており、ライザたちと初対面の時は、誰とも視線を合わせずに会話をしていた(話しかけられたライザに視線を合わせておらず、かといってレントやタオのどちら側にも瞳が動いていない為、一層不自然に見える)。

また、ゲームの1の頃はまだ所持していなかった弓を護身用として携えている。

レスレリアーナのアトリエ

メインストーリー第4章より本格参戦。

ライザ達と共に異邦人としてレスレリの世界にやって来ておりここまで姿を表さなかったのは、行商人としてライザと別行動をして各地を回っていたようである。

余談

キャラクターデザインのトリダモノ氏曰く、正統派御嬢様を描くのが苦手だったため完成させるのに苦労したキャラクターらしい。


関連タグ

ライザのアトリエ ライザのアトリエ2 ライザのアトリエ3

ライザリン・シュタウト レント・マルスリンク タオ・モンガルテン

アンペル・フォルマー リラ・ディザイアス ボオス・ブルネン ロミィ・フォーゲル

フィー パトリツィア・アーベルハイム クリフォード・ディズウェル セリ・グロース

フェデリーカ・ランベルティ ディアン・ファレル カラ・イデアス

関連記事

親記事

ライザのアトリエ らいざのあとりえ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24552578

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました