ピクシブ百科事典

グラミア・ネーリッヒ・ウィンダミア

ぐらみあねーりっひうぃんだみあ

グラミア・ネーリッヒ・ウィンダミアとはTVアニメ「マクロスΔ」の登場人物である。

CV:てらそままさき

人物像

ウィンダミア王国国王。グラミア6世。
ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミアキース・エアロ・ウィンダミアの父であり、キースの先代の「ダーヴェントの白騎士」。
アーネスト・ジョンソンとは独立戦争以前から因縁浅からぬ間柄であり、かつてウィンダミアに戦闘教官として赴任していた彼に師事していた。

35歳とウィンダミア人として既に高齢にある事から床に伏しており、内政などは宰相であるロイド・ブレームに一任している。
統合政府に対する怒りは老いてなお衰えず、シグル=バレンスの起動成功に伴い自ら軍を率いて絶対制風権確立の為に出陣。惑星ラグナでの戦闘でアーネストの指揮するマクロスエリシオンと砲撃戦を演じるが、その際に致命傷を負い命を落とす。
しかし、死の間際にルンを通じてロイドに対して遺言を遺し、その意思は彼の息子達にも受け継がれる事になる。

関連項目

マクロスΔ
ウィンダミア王国
ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミア キース・エアロ・ウィンダミア

pixivに投稿された作品 pixivで「グラミア・ネーリッヒ・ウィンダミア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459

コメント