ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

機動戦士ガンダムSEEDVSASTRAYに登場する機体。型式番号はLG-GAT-X105。
ストライクガンダムをライブラリアンの技術で改修し、C.E.73のMSの水準レベルに強化した機体。
パイロットはND-HE

ND-HEは叢雲劾のデータをベースとしたカーボンヒューマンであるため、その改修内容はブルーフレームセカンドに類似する。両肩にエールストライカーのブースターを装着した事で接近戦時の横移動が可能になっており、パイロットの戦闘特性にあわせ徹底的な運動性の向上が図られている。
ストライク系共通のストライカーパック用コネクターは健在で、ストライカーパックを利用することが可能。このストライカーパック運用機能はライブラリアンのガンダムタイプに共通する装備でもあり、各機体の装備を共有することができる。

武装はストライクのビームライフル及びアーマーシュナイダーが使用できるが、独自の装備として両腰に装備されたウイングソーがある。

武装

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」

原型機のものと同じ。

対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー

同上。

ウイングソー

大振りな実体剣で、切断対象ごとに振動周波数を調節することで常に安定した切れ味を発揮する。予め切断対象の組成データが解っていればPS装甲をも切断可能。

その名前の通り、姿勢制御翼としても機能する。

シールドストライカー

エールストライカーの上部スラスターとシールドを組み合わせたストライカーパックで、シールドは保持アームで自在に稼動させることができ、背面からの攻撃に対する防御の役割を担っている。

余談

2009年のプラモデル「MG ガンダムアストレイ ブルーフレームセカンドリバイ」の発売時には中国での限定特典としてSEEDシリーズのバックパック交換用コネクターが配布された。これによってゲイルストライクとブルーフルームセカンドリバイのバックパックを入れ替える遊びも行えた。

関連リンク

機動戦士ガンダムSEEDVSASTRAY
ストライクガンダム

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムSEEDVSASTRAY きどうせんしがんだむしーどばーさすあすとれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲイルストライク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 841

コメント