ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲームボーイミクロ

げーむぼーいみくろ

ゲームボーイミクロとは任天堂から販売されていたゲームボーイシリーズの一つである。
目次 [非表示]

概要

任天堂が2005年9月13日に発売した、ゲームボーイアドバンスシリーズの互換機。

スペック的にはゲームボーイアドバンスSPと同等。



ゲームボーイアドバンス、ゲームボーイアドバンスSPからの主な変更点は以下の通りである。

  • ゲームボーイ、ゲームボーイカラーのカートリッジが使用できなくなった。
  • 周辺機器用の端子が充電器の接続端子を兼ねるようになった。また、規格もSPまでと異なるため、通信ケーブルとワイヤレスアダプタは専用品(通信ケーブルに変換コネクタを接続すれば、従来型との通信も可能だが、従来型の通信ケーブルにある接続ボックスには接続不可能)。充電中は使用できない。
  • SPで除去されていたヘッドホン接続端子が復活、直接ミニプラグが差し込めるようになった。
  • 液晶ディスプレイが2.0㌅にサイズダウンされた。
  • 液晶ディスプレイにバックライトが搭載された。
  • フェイスプレートが変更可能。


SPよりも価格が高く、既にDSが発売されていたという事もあって売れ行きが不振だった。

その所為か、結局フェイスプレートは未だに発売されていない。

(クラブニンテンドーの特典等で配られた非売品のフェイスプレートも存在する。)


勿論ただ高いという訳ではなく、携帯ゲーム機で初めてアルミニウム合金を採用し、外装に高級感を持たせ、大人が持っていても違和感の無い仕上がりになっている。


アルマイト加工が施されており、サラサラとした心地よい手触り。

ファミコンバージョンのみ光沢仕様となっているが、それもまた良い。




デザイン


古さを感じさせないシンプルなデザインな為、知名度の低さも相まって、皆の視線を釘付けにできるぞ!


最近になってその美しさに心を打たれ、ミクロを探し求める人も多い。

その為か最近、新品、中古共にゲームボーイミクロの価格が高騰している。




余談になるが、ゲームボーイミクロのCMで使用されたソフトがファミコンミニだった為、ファミコンミニ専用機と勘違いしてしまった人もいるとかいないとか。



ミクラー

ミクラーとは文字通りゲームボーイミクロを愛でる人の愛称である。

ゲームボーイミクロを所持していると愛でたくなる事は必然、恥じる必要は無い。


勿論ミクラーの中にも様々なタイプが存在する。

一台をひたすら愛でるタイプ、片っ端から買い集めてゆくタイプ、遊び倒すタイプ…etc


そしてその中の買い集めてゆくタイプに一言。

沢山のミクロを家に迎えたい気持ちもわかるが、新たなミクラーの為に程々にしておこう。

ミクロが大好きなのは自分だけでは無い、という事を頭に入れて置いてね。


関連イラスト

microGBAメトロイドゼロミッション


関連タグ

ゲームボーイアドバンス GBA携帯ゲーム機


この記事のカテゴリ

ゲーム


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ゲームボーイアドバンス げーむぼーいあどばんす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17333

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました