2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

花がタチアオイなどのアオイ科の植物によく似ているが、ハンニチバナ科。
高温多湿な日本の気候では、この花の生育には適していない。
漢字では「午時葵」または「五時葵」。正午に咲いて夕方には散るような半日花であるため、そう付けられた。ソロモン王の歌に詠まれたこともある。
学名では「Cistus albidus」と言い、そこから「シスタス」あるいは「キスツス」とも呼ばれる。

香料精油として古くから使われており、その場合は「ラブダナム」、「オニカ(オニチャ)」、「ロックローズ」など言う名前で呼ばれる。
香りは麝香(ムスク)や竜涎香に似ている。代用品としても使われる。
組み合わせとしては、オリスノート(菖蒲根)と相性がいい。
ミルラ(没薬)はラブダナム(ゴジアオイ)の香りと考える研究者もいる。

花言葉は、種の一つにある白い花弁に赤い斑点の「Cistus ladanifer」の見た目と、数時間で散るような花の性質から、ヴィクトリア時代に『私は明日死ぬだろう』とつけられた。

気温が35度程度を超えると、茎から揮発性の油を分泌して、周りの植物も巻き込み、自分を燃やす特徴がある。ゴジアオイの種は耐火性を持っているため、火事の中で生き残り、燃えた植物を肥料に繁殖することができる。

関連イラスト

『お迎え。』
キスツスの香りとともに


私は明日
センシティブな作品



関連タグ

草花
ユーカリ:こちらも周りの植物を燃やし、自らの種を繁栄させる性質のある植物。

関連記事

親記事

草花 くさばな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1523

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました