ピクシブ百科事典

サウロフティルス

さうろふてぃるす

昆虫綱隠羽目に属する、中生代白亜紀前期のシベリアに棲息した恐竜時代の吸血性の昆虫である。

概要

体長約2.5cm。
食べ物は様々な動物血液
ロシアシベリアに生息。
学名の意味は「トカゲジラミ」。
恐竜時代(中生代)の白亜紀前期に生息した2.5㎝もある巨大なノミの仲間で、今現在いるノミの凡そ10倍の大きさになる。化石はシベリアのみで知られているが、翼竜の血液を吸っていたと言われており、を越えて飛行する翼竜に乗って、世界中に生息範囲を広げていたかも世界中知れない。

関連タグ

昆虫

関連記事

親記事

のみ

コメント