2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「純血種の魔女だ。それもネビュリス女王の娘にあたる王女が、国を離れて一人で遠方へと出かけているらしい」

「ウインクは要練習らしい。それはさておき、これでも正しき研究者のつもりだよ。世に、ごく稀に狂科学者とでも言うべき者がいるのは否定しないがね」

概要

使徒聖の第十席『オーメン』の二つ名を持つ髭をたくわえた壮年の男。枯れ枝のように痩せた身体、風が吹くだけで折れてしまいそうな肩に研究者風の白衣をかけた一見戦闘員に見えないが、それもそのはず。彼は最上位戦闘員と銘打つ使徒聖にあって例外的な非戦闘員の文官であり、どういう経緯で使徒聖へと昇格したか不明。

帝都第三セクターに存在する兵器開発部局の研究室長を務め、兵器開発部局において、「もっとも不健康な研究員」として知られている。
八大使徒からの情報で独立国家アルサミラに純血種であるシスベルが護衛も着けずに外征していることを掴み、捕獲のために同僚のスタチュールから天獄に実験用に搭載された魔女狩り兵器殲滅物体(オブジェクト)を借り受け投入した。
その後は非戦闘員ながら皇庁襲撃のメンバーにも選出されている。

人物像

研究者らしく相応の知的好奇心はあり、同僚のネームレスグロウリィとの戦闘で負った星霊症を興味深げに観察し、星霊が嫌う力がある高濃度汚染地域『カタリスク』から採取される鉱石を溶かした薬品の塗布を提案し、なるべく多くのサンプルが取れるように濃度を変えることを当の患者の前で喜々と語るなどネームレスを嘆息させている。
もっとも本人はこれでも正しき研究者のつもりであり、星霊症の患者を弄んだことなど一度もないと断言して助手を務めるミカエラにウインクしてみせるなど茶目っ気もある(もっともミカエラからは気持ち悪いと辛辣に一蹴された)。
もっとも、目をかけていた狂科学者に関しては思うところがあるのかネームレスに指摘された際には嫌な名前を思い出したと吐き捨てていた。

能力

星霊研究の権威という以外一切不明。そもそも非戦闘員でありながらいかにして使徒聖となったのかが不明である。
ただし彼もまた女王捕獲作戦のメンバーに選出されていることからも彼自身の肉体や技能によらない別個の戦闘手段を持っている可能性も否定できない。

関連タグ 

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 
使徒聖(キミ戦) スタチュール(キミ戦)

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました